挿す

全て 動詞
203 の用例 (0.00 秒)
  • が、なぜかどの本も必ず文章か挿し画かの中に多少の針を隠していた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • が、なぜかどの本も必ず文章か挿し画かの中に多少の針を隠してゐた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 多くの花瓶は、挿された花をより良く見せるようにデザインされている。
  • 私はぼんやりと床の間の掛軸や竹籠にしてある草花などを眺めていた。 福永武彦『海市』より引用
  • 上海氏は鍵穴にした鍵を手にしたままドアの外に立ちすくんでいた。 横溝正史『死仮面』より引用
  • とうとうそれは黒くすすけ、そこに挿し込んだ木のかけらに火がついた。 フレーザー/青江舜二郎訳『火の起原の神話』より引用
  • その圧力を感じながら挿したり退いたりすると、濁った音が響いてくる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • おそらく鍵をして回すのにも固すぎて手間がかかるにちがいなかった。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • 懐に手を挿し入れているところをみると、どうやら銃をもっているようだ。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 女は右の胸に花を挿していたと言ってるそうじゃありませんか。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • ひよいとしたはずみで、僕は隣りの夫婦づれの低い話声を耳に挿さんだ。 堀辰雄『辛夷の花』より引用
  • 私はそこまで黙ってきいていましたが、思わず口を挿しはさみました。 室生犀星『不思議な国の話』より引用
  • し櫛のはいった小箱につけられた飾りの造花に御歌が書かれてあった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • さらに1937年度以降製造車では車票挿しの位置が変更されている。
  • その場合、志願者にはペンシルを髪に挿して頭を振ることが求められた。
  • 先生の口に、太い陰茎と細い陰茎を無理矢理挿している気になったのだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • それはそのままにして置くものだという風に言葉を挿し入れた。 室生犀星『後の日の童子』より引用
  • 小百合が目をらすと、パナマ帽にヒマワリを挿した男たちの首だった。 池上永一『レキオス』より引用
  • 大村は手に持っていた紙巻の消えたのを、火鉢の灰に挿して語り出した。 森鴎外『青年』より引用
  • 花入れには、短く切った赤と黄のアネモネが三本ずつ挿し込まれている。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • 次へ »