振幅変調

79 の用例 (0.00 秒)
  • このときは、2つの信号を振幅変調でそれぞれ別の周波数で放送した。
  • ロシアやヨーロッパでは長波帯での振幅変調による放送がおこなわれている。
  • 変調方式は、中波放送と同様の両側波帯の振幅変調が主である。
  • 振幅変調は、占有周波数帯域が狭いため、低い周波数で用いられている。
  • 振幅変調を横軸時間とした説明図で表す。
  • 変調方式はいくつかあり、代表的なものとしては振幅変調と周波数変調がある。
  • アナログのラジオ放送は一般に振幅変調と周波数変調に分けられる。
  • 地上アナログ放送ではこれを振幅変調することで、各家庭に電波として送信している。
  • いわば振幅変調波に対する復調操作であり、通常は検波といえば、このことを指す。
  • デジタル・ラジオ・モンディエールとは特に短波を中心とした振幅変調のデジタルラジオの方式である。
  • に低周波信号を入力すると、振幅変調の一つである抑圧搬送波両側波帯が出力される。
  • 航空無線では、超短波帯で振幅変調を利用している。
  • QAM変調は、振幅変調と位相変調の組み合わせであるの一つである。
  • 異なる2種類の中周波電流を同時に流すことで、振幅変調のような効果が生じてを起こすことからこのように呼ばれる。
  • いくつかの方式があるが、最も歴史の長いのは振幅変調による中波放送で、基本的な方式は100年間も変わらず、現在でもラジオ放送の主流である。
  • 振幅変調の送信では、一般に音声信号の振幅の平均値が大きいほど了解度が増す。
  • 振幅変調・周波数可変のクラスBHF送信機が乱数放送の主力だった。
  • 振幅変調によるラジオ放送は、中波帯および短波帯においておこなわれているものが一般的である。
  • 振幅変調により、主として国内放送に用いられるが、近距離の国際放送に用いられる場合もある。
  • 変調方式はアナログの振幅変調であるが、これは既に送信中の他局に被せて送信してもある程度通信できるようにするため、と言う説がある。
  • 次へ »

振幅変調 の使われ方