振り上げる

全て 動詞
443 の用例 (0.00 秒)
  • 伊月が拳を振り上げたとき、ミチルが戻ってきて不思議そうな顔をした。 椹野道流『鬼籍通覧1 暁天の星』より引用
  • ボールを蹴るために足を振り上げたのに、忠志は反射的に判断を下した。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • 五間に迫ったとき、熊は気配を感じたらしく頭をにょっきり振り上げた。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 女は男の顔を見て、ガラス板に手を振り上げ、力なくそれを下ろした。 若竹七海『依頼人は死んだ』より引用
  • 振り上げられた拳のはけ口に、自らが立候補しているようなものだった。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • その巨大な拳が、地をう虫を押しつぶさんと再び大きく振り上げられる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • 振り上げた警棒が左頬を殴打にくると見て、萩生は彼の背後へ移動した。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • そして何かに取りかれたかのように、八巻は片手でナイフを振り上げた。 伊都工平『天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺 〈上〉』より引用
  • こぶしを振り上げて殴打しようとしたとき、少年がなにか叫んだのが聞こえた。 桜庭一樹『GOSICK 第4巻』より引用
  • なにが可笑しいのか、手にもった鞄を大きく振り上げながら笑っている。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • こぶしを振り上げてから、自分がアルミ製のバーを握ったままだと思い出した。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • 懐かしい声がかけられて、わたしは振り上げていた拳をぴたっととめた。 高殿円『カーリー 2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日』より引用
  • ほんの一瞬、ハリーも杖を振り上げたままのリドルも、日記を見つめた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • 振り上げ切られようとした八号の両手が、こちらの膝を左右から挟んだ。 川上稔『AHEADシリーズ 05 終わりのクロニクル③〈上〉』より引用
  • バルゲスが、より凶悪な形状に変化した爪をその太い腕ごと振り上げる。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 武蔵がいうと、城太郎は濡れた顔を振り上げて、武蔵のたもとを引っぱった。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 頭にきたのか、急に手を振り上げると、リディアのほおをぴしゃりと打つ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第11巻 花嫁修業は薔薇迷宮で』より引用
  • 将校は、この邪魔な歯車に驚いて、拳を振り上げ脅すような真似をした。 カフカ・フランツ『処刑の話』より引用
  • カンはじっとカークを見つめ、それから自分の剣を振り上げて前進した。 ジェイムズ・ブリッシュ『11 惑星ゴトスの妨害者』より引用
  • ただ、目の前に現れたかがや巨人きょじんが、うでり上げたところまでは見ていた。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第03巻』より引用
  • 次へ »