持越す

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その中に、今年あるいは今年以後に持越されるだろうと思われるものが二つある。 ...
  • まだ岸本は長い旅から持越した疲労つかれをどうすることも出来なかった。 ...
  • X日の最終決定は、しかし、なお翌日二日まで持越されていた。 ...
  • その後、いつとなく邱大師の毛生え薬の噂は聞かなくなり、人類二〇〇〇年の宿痾はふたたびいつと知れない未来まで持越されることとなったようである。 ...
  • 誰も12勝できない場合はそのまま持越しであったが、2011年より初段リーグに変更されその成績で入段が可能となった。 ...
  • お増は芳村のいない宿の部屋へ帰って、昨日から持越しの冷たい飯を独りで食べる気がしなかった。 ...
  • 持越した去年の水は溢れ尽して、真に新なる水ばかりをたたえているような気がする。 ...
  • 察するに、最も重要で、かつ、具体的に明確な解答を出すことが最も困難な物資問題は持越しとなったのであろう。 ...
  • あるものは胆吹山まで持越して隠して置く。 ...
  • その思いはついアトリエの外にまで持越されて、矢川はいつかようこの、かつては妖精のように思えた奔放さも自堕落さも鼻につき始めていたのである。 ...
  • ともすると二日酔の、一日ですまず、ずっとそのあくる日まで持越すといった風なくせがついていた。 ...
  • 仕入は現金買を主義として、月末払いの場合にも決して翌月に持越してはなりません。 ...
  • ただし、自動車に関しては1965年、コンピュータ関連については1970年まで輸入自由化は持越しとされた。 ...
  • 所持金とアイテムはパスワードを取らない限りステージをクリアしても持越しができるため、全面クリアのためにはアイテムや所持金を貯蓄しておくなどの戦略性も必要になってくる。 ...
  • このシーズンは前年に主力として活躍した選手の多くが移籍した事もあって序盤からチームの成績が低迷すると、自身の調子も上がらずシーズン初ゴールは8月17日J2第3節千葉戦まで持越しとなった。 ...
  • 死んだ姉から持越しの、咲子にとっては何より大切な大きい人形がまた瑠美子を寂しがらせ、母親の心を暗くした。 ...
  • 一旦いったんの遺伝はその原因が消えると、再びまた薄れてもよかったのだが、子供たちがいつまでも烏勧請の遊戯を覚えていて、それを今日のゴルフの時代まで持越して来たのである。 ...