持つ

全て 動詞
116,814 の用例 (0.02 秒)
  • 死と云うものもあの二匹の犬と何か似た所を持っているのかも知れない。 芥川竜之介『少年』より引用
  • 女は私が座っていたテーブルにつくと、手に持っていた本を置きました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • そこへ持って来て、これから本当の僕ではない僕の影が出ていって会う。 海野十三『海底都市』より引用
  • そして今言ったようにかえって反感に似たものを持つようにすらなった。 大杉栄『続獄中記』より引用
  • それが封建的効果を場合によっては持たないとも限らないと同じである。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • 女と買いに行ったあのコーヒーメーカーは、しっかりと手に持っている。 植松真人『コーヒーメーカー』より引用
  • そんな苦労を持っているらしい人は一人だって見当らないようだったが。 有島武郎『星座』より引用
  • けれどもこういう欲求をいつまでも同じ強い調子で持ちすぎていました。 伊藤野枝『「別居」について』より引用
  • 三度三度の食事は、約束どおり夫が持って来て、口の中に入れてくれた。 海野十三『俘囚』より引用
  • 彼のような心を持ったならば実に文学者になれぬ人はないと思います。 内村鑑三『後世への最大遺物』より引用
  • つまり君はわざわざ自分を敗北者へ持って行くようなことをしたんだ。 海野十三『心臓盗難』より引用
  • 僕がいかなる人に対してもかかる力を持っているというのではないのです。 有島武郎『或る女』より引用
  • というのは音楽をやりながら音楽的な感覚を持たない人であったから。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • なんのおおいをも持たない古い墓は、新しい大きい石の柱に囲まれていた。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 正吉と同じ不満を持った、初めての宇宙旅行組の者が二十人ばかりいた。 海野十三『三十年後の世界』より引用
  • 明日あしたは用が有つて行かなければならんのだから、持つて行かんとまづいて。 尾崎紅葉『金色夜叉』より引用
  • 愚作の意味を認め得ないような歴史家は、片眼しか持たないのだと思う。 小倉金之助『三百年後』より引用
  • 浮上したときには、それらしい情報を持ち切れないほど手にしています。 キャロル・ルイス『心を養う』より引用
  • しかしこれは春木少年が今持っているあの片われとは形がちがっていた。 海野十三『少年探偵長』より引用
  • 子供たちにあんな大金を持たせるのは、いい事じゃないと思いますがね。 太宰治『春の枯葉』より引用
  • 次へ »