持ち合わせ

全て 動詞 名詞
2,495 の用例 (0.01 秒)
  • だが、いずれも彼女のような心を持ち合わせたものにはなり得なかった。
  • それをなお九州に比定させるだけの知識は持ち合わせていませんからね。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • 必要とされるだけの忍耐力をいつも持ち合わせているとは限らなかった。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(上)』より引用
  • といってそれと同じ種類の鉛筆を、ほかに持ち合わせがなかったんだね。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 更に対戦前には相手に挑戦状を送るなど、古風な面も持ち合わせている。
  • そこに横たわる真の美を理解しうる聴覚もこの人は持ち合わせていない。 篠田節子『カノン』より引用
  • こういうところも、架山の周辺の人物の持ち合わせていないものである。 井上靖『星と祭上』より引用
  • まるでその存在が、否定的な感情しか持ち合わせていないかのようだった。 諸口正巳『不死身のフジミさん 殺神鬼勧請』より引用
  • お金なしで旅行はできないが、きみにはたいした持ち合わせもあるまい。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』より引用
  • たとえ気づかれたところで、彼はそれを処理する手段を持ち合わせていた。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • 親近感が持たれる性格でチームのムードメーカー的な面も持ち合わせた。
  • 金貸をしている松がこれだけの金しか持ち合わせていないはずはない。 森村誠一『花刑』より引用
  • 俺だって、人の生き死にを気にかける程度の感情は持ち合わせている。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 他人の恋愛事に相談とは言え口出しをする趣味は持ち合わせていない。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 若い王がいささかのユーモアも持ち合わせていないのはあきらかだった。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 女として、妻として、一人の男を愛する魂を持ち合わせているのだから。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.2 「王たちの狂宴」』より引用
  • それに、ぼくらはじぶんのまも手段しゅだんを、何もち合わせてないんだ。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 英霊には英霊なりに、聖杯を求める理由を持ち合わせているはずなのだ。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.2 「王たちの狂宴」』より引用
  • これから行う仕事にいかなる感情も持ち合わせていない非情の声であった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター02 風立ちて“D”』より引用
  • 攻撃の起点となるため戦術の理解や戦術眼を持ち合わせている方がよい。
  • 次へ »

持ち合わせ で始まる単語