持ちこむ

全て 動詞
303 の用例 (0.00 秒)
  • 船が出てから、便所に持ちこんで読んだらこんな風に書いてありました。 田中英光『オリンポスの果実』より引用
  • 僕の眼をかすめて爆弾を部屋に持ちこみ得る方法は、それ以外にないよ。 ハメット/村上啓夫訳『デイン家の呪い』より引用
  • ヴォホル人が自分たちの体にあうものを持ちこんでいるのも無理はない。 ハミルトン『さすらいのスターウルフ』より引用
  • どんなにいい話を持ちこんでも、写真も見ないうちに断わるんですって。 高橋克彦『星の塔』より引用
  • 私、考えに考えたあげく、ああいう風にして刀をここへ持ちこみました。 平岩弓枝『鏨師』より引用
  • 一年に一度か二度は、自分でも気がつかんで金目の品を持ちこむ奴がおる。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07a D-北海魔行 上』より引用
  • その迷いを山まで持ちこむことは危険だということも知り切っていた。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 一方、彼女に悪戯を持ちこんだのは、友人ではなかったかも知れません。 クリスティ/松本恵子訳『エッジウェア卿の死』より引用
  • ある晩、ビルの持ちこんだ大豆ワインを何杯かあけたあとのことである。 ジョン・ヴァーリイ『ティーターン』より引用
  • 氷の花は氷を出て、その中に持ちこまれたソファーの上にすわっていた。 高木彬光『妖術師』より引用
  • 織田家から持ちこんである諸道具も高価で美しいものばかりであった。 海音寺潮五郎『新太閤記(二)』より引用
  • それを一般大衆にどうやって持ちこむかもあまりなされていないみたいですよ。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • この動物を持ちこんだのは、秘密の邪悪な計画を持った別の者たちだった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • おそらく、ミサイルだけはデボーヌの外部から持ちこまれたのであろう。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ03 銀河系最後の秘宝』より引用
  • ということは、大きな武器を持ちこんだ犯罪はできないということだ。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇2 ゴンドラの花嫁』より引用
  • そこで少女がここまで持ちこんできていた剣をどうしようかということになった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • 疑問のカットがあればどんどんわしの方へ持ちこんでほしいものです。 筒井康隆/横尾忠則『美藝公』より引用
  • 距離の概念のない世界の法則を持ちこみ、一瞬にして長距離を移動する。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • しかし問題は、どうして大量のやくを国内へ持ちこむかということです。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • 払えない生徒は、流しに制服を持ちこんで手で洗うしかないに相違ない。 松岡圭祐『千里眼の教室』より引用
  • 次へ »