拭く

全て 動詞
909 の用例 (0.02 秒)
  • ・・・それに次から次からあふれてくる涙に、もはや拭く気はなかった。 むぅ『「未来に向かって」』より引用
  • 血を拭きもせずにきやつらの枕元に、 置いてあるのが見つかりました。 シェイクスピア/大山俊一訳『マクベス』より引用
  • 子供を湯に入れていた嘉助が戻って来て、汗を拭きながら首をかしげる。 平岩弓枝『御宿かわせみ 05 幽霊殺し』より引用
  • 彼はわたしの手を取って湯から上がらせ、タオルをくれて体を拭かせた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • ぼんやりと手を動かしているうちに窓拭き仕事が終っていたらしい。 鈴木大輔『おあいにくさま二ノ宮くん 01』より引用
  • ある日、社長の座っている机を拭こうと、雑巾ぞうきんを持って近づいていった。 群ようこ『無印おまじない物語』より引用
  • そして見えないガラスでも拭くように目の前で右手をひらひらさせた。 柳美里『フルハウス』より引用
  • タオルで頭を拭きながら、二人がこぼしているのがハリーの耳に入った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • マクゴナガル先生は多分玄関ホールの床を拭くのを指揮しているのだろう。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • 順子はあわててエプロンで手の汗をくと、部屋の外へ飛び出して行った。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • それが食事の跡でざっとくだけなので、床と同じ薄墨色になっている。 森鴎外『食堂』より引用
  • ほかに布きれめいたものといえば、車を拭くのに使う白いタオルだけだ。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 顔をこうとハンカチを探し、持っていないことに気づいて服で拭いた。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 自分のパンツで血をこうとする俊夫の手をつかみながら江美は言った。 中場利一『えんちゃん 岸和田純情暴れ恋』より引用
  • 政義は天井に顔を向けて叫び、流れ落ちる涙を拭きもせずに泣き続けた。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • まもなく彼女は、服をきちんと着て、タオルで髪を拭きながら出てきた。 ハインライン『動乱2100』より引用
  • それから濡れた口のあたりをの甲で拭き、その手をハンカチで拭いた。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • アルコールを貰って水にわって体を拭くことは出来ないものでしょうか。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • それでも自分の机のまわりの他の人の机を拭かなければならない。 椎名誠『新橋烏森口青春篇』より引用
  • 杯にまだ残っていた酒が、ズボンをらしたが浩一はこうとはしない。 姉小路祐『殺意の法廷』より引用
  • 次へ »