拘わる

全て 動詞
49 の用例 (0.00 秒)
  • 真暗な闇にもかかわらず私はそれが昼間と同じであるような感じを抱いた。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • 駅を通過する車輛しやりようは、人が乗っているにもかかわらず特急運転に変わった。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • それにも拘わらず、このような制裁は社会を制御する強力な道具だった。
  • それにもかかわらず彼の話している間には、父も兄も帰って来なかった。 夏目漱石『それから』より引用
  • それにも拘わらず連合会議は重要な法案を次々と定めていくことになった。
  • しかし、休暇にもかかわらずパリに残っているとなると、話は違ってくる。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • にもかかわらず父親は桃花村のことを口にすると、いつも機嫌がよかった。 室生犀星『みずうみ』より引用
  • 実際、傷だらけの女がレジに立っては、店のイメージにも拘わるだろう。 加門七海『203号室』より引用
  • このような事情にも拘わらず、州内では急速に成長している郡となっている。
  • こんな揺れにもかかわらず、仁吉にきち佐助さすけ、二人のにいやが部屋に来ないのだ。 畠中恵『うそうそ』より引用
  • 逮捕や収監という事実にも拘わらず、ストーンの任務はまだ続いていた。
  • すると皆議論は好きであったにもかかわらず、珍しくも反対意見が出なかった。 畠中恵『アイスクリン強し』より引用
  • これらの変化にも拘わらず、地域社会の大半は田園的な性格を残している。
  • 併しそれにも拘わらず、私は劇を観た直後に映画を見る気はしないのである。 戸坂潤『『唯研ニュース』』より引用
  • それにも拘わらず、隣の人たちが爆発の音を聞かなかったのは不思議であった。 小酒井不木『恐ろしき贈物』より引用
  • 無数の銃弾じゅうだんを浴びたにもかかわらず、獣人は二本の足で立っているではないか。 千葉暁『アルス・マグナ1 大いなる秘法 白き魔王』より引用
  • 眠りから醒めたにも拘わらず、手足の感覚がまったくないという事実に。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.2 「王たちの狂宴」』より引用
  • すると臭い匂いがするに拘わらず少しも厭いなく拭き取ったり何かする。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • ヘイヤーはその人気や成功にも拘わらず、批評家達からは無視された。
  • 授業中であるにもかかわらず、前触れなく起立した真に周囲の視線がつどう。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 次へ »