押込

126 の例文 (0.00 秒)
  • 一方で、幕府の内諾を得ない押込が発覚した際は処分されることもあった。 ...
  • そのため、従来の車両に取り付けられていた押込式通風器は廃止されている。 ...
  • 中世中期以後には獄舎以外の建物で代行される事もあり、これを特に押込と称した。 ...
  • 家臣から藩主の押込の意見も出るようになる。 ...
  • 押込とは、中世から近世にかけての日本で行われた刑罰の一つ。 ...
  • そこで押込もやむを得ずとの結論に至った場合、実行される。 ...
  • また、必ずしも押込派に理があるケースだけではなく、単なる権力争いであった場合もある。 ...
  • サハ111形はすべて押込型での製造となっている。 ...
  • まず対応を迫られたのが、綱村押込の直接の原因となった藩札の後始末である。 ...
  • だが、瑞巌寺に帰って来た鄧州を待っていたのは壇家たちによる弾劾と押込であった。 ...
  • 人とまじわりたくない一心なのに一種の押込強盗のようなことをやってみたくなるのだし、やらねばならないのでもある。 ...
  • 安政6年父は没するが、家族は押込刑、自身も三宅島に遠島刑となった。 ...
  • 一方で細部には改良が加えられ、側窓構造が通気性の改善を目的として二段上昇式に変更されたほか、屋根上ベンチレーターが押込形の二列配置に改められた点が異なる。 ...
  • 新製時には製造コストと電源確保の問題から冷房装置は搭載されず、押込式通風装置が搭載された。 ...
  • 新徴組と称して、夜毎に押込強盗を働いている浪人団に交っていた。 ...
  • ふと気が着いて見ると、箪笥たんすを入た押込おしこみの襖がけっ放して、例の秘密の抽斗ひきだしが半分開いていた。 ...
  • 新造時には冷房装置を搭載せず、屋根上に押込式通風器を、室内天井に扇風機を装備した。 ...
  • 次へ