押本七之助

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • しかしながら、悪麗之助の監督作に該当する作品は存在せず、「押本七之助」の誤りである可能性がある。 ...
  • 以降、押本七之助に同行して脚本を提供しており、1927年2月、市川右太衛門がマキノ・プロダクションを退社して奈良に設立した市川右太衛門プロダクションに押本とともに入社、同社の第1回作品として押本が監督した『侠骨漢 笑ふな金平 前篇』に脚本を提供する。 ...
  • 前篇にあたる『侠骨漢 笑ふな金平 前篇』の監督は押本七之助であったが、押本はすでにマキノ・プロダクション御室撮影所に移籍していた。 ...
  • 初期に「押本映治の実兄」説が流れ、『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』の両名の項目にもその旨の記述がされたが、『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』では「押本映治」の項で「押本七之助を兄に持つはあやまりである」と否定している。 ...
  • 以降、同作を配給した牧野省三のマキノ・プロダクションに入社し、中島宝三、押本七之助、金森万象らの監督作を多く手掛けた。
  • 同年、奈良県にある市川右太衛門プロダクションに入社し、「春日 陽二郎」と改名、同年4月29日に公開された押本七之助監督の『侠骨漢 笑ふな金平』で映画界にデビューした。 ...
  • 設立第1作は『侠骨漢 笑ふな金平 前篇』で、同作は、帝国キネマ芦屋撮影所から引き抜いた押本七之助を監督に、おなじく曽我正史に脚本を書かせ、配給提携先の東亜キネマの等持院撮影所にいた下村健二がカメラを回した作品で、右太衛門主演のもと、同年4月29日の天長節の日に公開された。 ...
  • 翌1931年6月17日には、帝国キネマ演芸製作・配給、押本七之助監督によるサイレント映画『一心太助』に「秋月 弘子」の名で出演している。 ...
  • 佐藤樹一路監督の『四谷怪談』で民谷伊右衛門、押本七之助監督の『天保水滸伝』で平手酒造を演じ、風貌にマッチした虚無的な役柄を得意とし、女形で培った優美な剣戟が人気の源泉であった。 ...
  • 特筆以外すべて製作・配給は「新興キネマ」、すべてサイレント映画、特筆以外「押本七之助」名義である。 ...
  • すべてサイレント映画、「押本七之助」名義である。 ...
  • すべて製作は「市川右太衛門プロダクションあやめ池撮影所」、すべてサイレント映画、「押本七之助」名義である。 ...
  • すべて製作は「マキノ御室撮影所」、配給は「マキノ・プロダクション」、すべてサイレント映画、特筆以外は「押本七之助」名義である。 ...
  • 特筆以外すべて製作は「帝国キネマ太秦撮影所」、配給は「帝国キネマ演芸」、すべてサイレント映画、特筆以外「押本七之助」名義である。 ...
  • すべて製作は「帝国キネマ芦屋撮影所」、配給は「帝国キネマ演芸」、すべてサイレント映画、「押本七之助」名義である。 ...