押坂彦人大兄

26 の用例 (0.00 秒)
  • 押坂彦人大兄皇子には息長おきなが氏の血が流れており、蘇我氏とは縁がない。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • 押坂彦人大兄皇子は、敏達びだつと息長真手王まておうの娘広姫の間に生れた。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • 広姫の父であることが正しいとすると、広姫は舒明天皇の父である押坂彦人大兄皇子を産んでいるので、息長真手王の血縁は現在の皇室まで続いていることとなる。
  • 珍しい「押阪姓」は飛鳥時代の皇族・押坂彦人大兄皇子がルーツという。
  • 本古墳は、この時期では墳丘規模が最大級であることから、被葬者は大王に近い支配者層の墓と考えられ、敏達天皇の皇子押坂彦人大兄皇子であると推定されている。
  • 舒明は押坂彦人おしさかのひこひと大兄皇子の子であり、女帝は皇子の孫で、父は茅渟ちぬ王である。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • 押坂彦人大兄皇子の子田村皇子と、聖徳太子の子山背大兄王である。
  • 夫の押坂彦人大兄皇子は敏達天皇の第一皇子だったが、蘇我氏が勢威を振るっていた中、王位につけないまま死去した。
  • 物部守屋は、穴穂部皇子よりも押坂彦人大兄皇子を味方に抱き込もうとしていたから、皇子は馬子に殺された可能性が強い。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • ただ、日嗣の誄をする以上、当然押坂彦人大兄皇子も登場するし、息長氏の系譜も述べることになる。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • 押坂彦人大兄皇子妃糠手姫皇女の子多良王である可能性とする説、妃大俣王の子茅渟王と同一人と推定する説がある。
  • 敏達天皇崩御時には皇子は幼少であった事や異母兄である押坂彦人大兄皇子を擁立する動きもあったため、即位が見送られ敏達天皇の皇兄弟の橘豊日尊が即位する。
  • 聖徳太子と推古天皇の死後は、舒明天皇が即位するが、舒明天皇の両親である押坂彦人大兄皇子と糠手姫皇女は敏達天皇の腹違いの息子と娘で異母兄妹とされている。
  • その背景には皇太后が実子の竹田皇子の擁立を願ったものの、敏達の最初の皇后が生んだ押坂彦人大兄皇子の擁立論が蘇我氏に反対する勢力を中心に強まったために、馬子と皇太后がその動きを抑えるために竹田皇子への中継ぎとして即位したのだと言われている。
  • 尚且つ桜井弓張皇女は田眼皇女の同母妹であるにも拘らず、舒明天皇の父・押坂彦人大兄皇子の妃となったと言われる。
  • 押坂彦人大兄皇子は蘇我馬子と物部守屋が対立し、一触即発の時期に不審の死をとげた。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • しかし『古事記』には押坂彦人大兄皇子と小墾田皇女の婚姻に関する記述はない。
  • 須恵器の形態は押坂彦人大兄皇子が被葬者と見られ、7世紀初頭の築造とされる牧野古墳から出土した須恵器より少し新しく、610年代のものと考えられる。
  • 用明天皇の崩御後、押坂彦人大兄皇子と共に有力皇位継承権者であったと『日本書紀』などでは記されているが、穴穂部皇子を推す勢力から敵視され、用明天皇2年にはその一派である中臣勝海に像を作り呪詛されている。
  • 父は押坂彦人大兄皇子と推定される。
  • 次へ »

押坂彦人大兄 の使われ方