押し込むやう

3 の用例 (0.00 秒)
  • 駄夫は煙草に火を点けて、白い日向へ押し込むやうに煙をふかした。 坂口安吾『竹藪の家』より引用
  • 與吉よきちはそれでもくぼんだしがめて卯平うへいがまだこそつぱくてゆびさき下唇したくちびるくちなかむやうにしながら額越ひたひごしに卯平うへいた。 長塚節『土』より引用
  • 青年が、嫌ひだと云ふものを、グングン咽喉に押し込むやうな、母の意地の悪い逆な態度が、恐ろしかつた。 菊池寛『真珠夫人』より引用