押し込む

全て 動詞
693 の用例 (0.00 秒)
  • わたしをここに押し込んだ犯人は、いったいなにを考えていたのだろう。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • わずか二、三日のうちに、同じ地方で二軒の家に押し込んだりしません。 ドイル/鈴木幸夫訳『コナン・ドイル ホームズの回想(1)』より引用
  • 押し込んだのは、頭巾ずきんをかぶった十人ほどの侍風の男たちだったという。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • ちょうどいいと思って私はその中に、自分の服を押し込んで隠したの。 乙一『ZOO』より引用
  • キーを叩きはじめると、押し込む途中の引っかかりの強さが気になった。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 侵入口が開けた以上、いつ特殊部隊の連中が押し込んでくるかわからない。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日(下)』より引用
  • 胸の中に湧いてくるさまざまな言葉を、純男は舌で奥の方に押し込んだ。 林真理子『初夜』より引用
  • だって寝ているあいだに口に押し込んでも吐き出しちゃうだけだろうし。 松野秋鳴『えむえむっ! 第02巻』より引用
  • 忘れたい昔にすべし込むのなら、その中にわたしはふくまれるはずだもの。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス01』より引用
  • そして、中箱だけのそれを、静かに店のマッチの中にし込んでいった。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • 龜の首を伸ばすのを待つては子供たちはその口へ木片などを押し込んだ。 若山牧水『鴉と正覚坊』より引用
  • 強制的に荷物をまとめさせると、ロサンゼルス行きのバスに押し込んだ。
  • 自分は三重吉が五円札をたしかにこの紙入の底へ押し込んだのを目撃した。 夏目漱石『文鳥』より引用
  • ジーンズの尻ポケットに押し込んでいたはずの携帯電話もなくなっている。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • 挑戦者は自分の位置的優位を利用して、カゼルの腕を一気に押し込んだ。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • と思う間もなく私は、そのマンションのエレベーターの中に押し込まれた。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • それから、五〇万ドルの札束を取り出し、同じ山の中ほどへ押し込んだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • すぐ取りに来るつもりだったら、こんなに奥まで押し込まないんじゃない? 今野緒雪『マリア様がみてる 14 涼風さつさつ』より引用
  • メリマンは部屋の唯一の椅子にウィルをかけさせ、本を手に押し込んだ。 クーパー『(闇の戦い1)光の六つのしるし』より引用
  • そこには、なんだかわからないものがぎゅうぎゅうに押し込まれている。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • 次へ »