押し付けがましい

全て 形容詞
32 の用例 (0.00 秒)
  • 泉は、いかにも「役人」風の押し付けがましさを感じさせる口調で言った。 赤川次郎『MとN探偵局 悪魔を追い詰めろ!』より引用
  • 彼女の父親は支持的だったものの、彼女の友達は同年末まで彼女の活動の押し付けがましさに嫌気が差し始めていた。
  • 話の内容は妙だったか、押し付けがましい雰囲気はない。 三上延『シャドウテイカー2 アブサロム』より引用
  • 自分のことを念頭に置いていない者に向かって押し付けがましい態度をとることを、人は何よりも恐れるのである。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 男は少しイライラした様子で、どうなんだ、と押し付けがましく問いかける。 植松真人『コーヒーメーカー』より引用
  • 押し付けがましい争いは、寄り道を強要されているみたいで、不毛だもの。 若合春侑『無花果日誌』より引用
  • 押し付けがましいことを、当り前の口調で言われて、隆介は呆気あっけに取られた。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • 例えば、悪い意味に限らず、猥雑な感じや、ある種の押し付けがましさが作品からは感じられることがある。
  • 口に出さずともいつもと同じに、押し付けがましく、彼女らしく。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 03巻 仮面舞踏会』より引用
  • こう押し付けがましく打ち明けられたうえは、こちらからも、少しはいてみても差支えあるまいと思った。 モーム/中野好夫訳『月と六ペンス』より引用
  • 助けられた、なんて押し付けがましい言いかたを、忍野は最後まできらったけれど。 西尾維新『偽物語(上)』より引用
  • それでも少しも押し付けがましいところがない。 赤川次郎『幽霊列車』より引用
  • それに何より、こうした事件に巻き込まれてしまった人にありがちな、押し付けがましいところが山本老人にはまるでなく、かえって彼の方こそ僕たちが東京から広島へ取材に出掛けてきたことに感謝している風だったのである。 伊佐千尋『法 廷 弁護士たちの孤独な闘い』より引用
  • 多くの者はその押し付けがましい説法にうんざりしている。 西尾維新『真庭語』より引用
  • 嫌いな人は押し付けがましい人です。
  • 過去の2つの怪死事件は、警察の上層部が押し付けがましく言うように、個別の事件ですでに解決しているようにも見える。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • がイラク政府再建に向けた選挙の支援を始めた時、彼は「アメリカによる押し付けがましいほどに大掛かりな介入がこの国の政治・安全保障問題を解決することはなく、むしろ反乱の理由を与えるばかりである」という見解を示している。
  • 本当は、世の中、よかれと思ってしたことほど危ういのだし、お前のためにやったんだという言葉ほど押し付けがましいものはなかったりもするのだが、そんな子供っぽい議論で時間を浪費している場合でもない。 西尾維新『傾物語』より引用
  • 弾いて下さい、とまでは押し付けがましくて、いえなかった。 北村薫『覆面作家は二人いる』より引用
  • みんなはひとしきり私たちのそっくりぶりをつまみにして、ビールを飲んでいたが、彼はますます恐縮し、そして押し付けがましくなく私に気を遣ってくれた。 群ようこ『無印結婚物語』より引用
  • 次へ »