押し並べて

全て 副詞
18 の用例 (0.00 秒)
  • また、福井は、藤本を含めて当時の関係者を押し並べて尊敬の対象としている。
  • 半信半疑の気持で、二人が帰ってみると、先に帰っていた二人が仲よく肩を押し並べて彼等を迎えた。 渡辺温『花嫁の訂正』より引用
  • 英語以外の外国語は、外国系日本人や帰国生徒などのそれらの言語をいわば母国語または母語としていた人が多く受験しているため、英語に比べ押し並べて平均点が高い。
  • しかし1960年代は押し並べてロータスなどの英国勢に先行され、チーム運営も内紛や経営不安などで混乱した。
  • 富山のように、夏の一時期に気温が上昇することはあるものの、押し並べて涼しい国で育った人間にとっては、京都に住むことは苦痛であった。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • その楯をびっしりと押し並べて、じりっじりっと進むところは、固いからおおわれた一匹の巨大な虫がうごめいているようだった。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 四時間以上の時が、好奇心も怒りも苛立ちも押し並べて哀しみにと変え、身近に住んでいた悲運の被害者への忌意となって柩を囲む。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • その中で、19世紀から20世紀にかけてグアテマラを支配した独裁者は、押し並べてアメリカ合衆国の経済的、政治的利益に適応する形で統治を行った。
  • そして夫人と云えば、折れそうなほど細い腰をぴんと張られ、内気そうに少々強張こわばった笑顔は少女のようで、外国の女性というのは押しべて物おじしないと思っていた僕には、まるで日本の高貴な夫人のように見え、新鮮だった。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 加えてそれらは押し並べて加減速性能とも低劣なものであったことから、特に普通列車運用に充当した場合後続の列車に対して多大な影響を及ぼすなど、遅延の最たる要因となっていた。
  • それぞれの特色を述べると、第1期は啓示が押し並べて短い。
  • 「神国日本」の国体観念を徹底させようという動きが時節により強められていたため、これらの行事は押し並べて神道色の強いものであった。
  • 巴はなおも落ちようとしなかったが、再三言われたので「最後のいくさしてみせ奉らん」と言い、大力と評判の敵将・御田八郎師重が現れると、馬を押し並べて引き落とし、首を切った。
  • 官職とは官庁における役職で、押し並べて官庁内では役職が四階級、即ち長官・次官・判官・主典に区分されていた。
  • 彼らとともに、かつて何度もそうしたように互いの紋章を押し並べて、一丸となってコーラルヘ進軍するのだ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • トイレタリー用品の購買層は押し並べて女性であり、取り分け若い10代~30代を対象としている。
  • 孫礼、あざなは徳達は、護軍の大将として早くより戦場にある曹真の大軍へ、さらに、五万の精兵を加えて、その力をたすけ、また司馬懿しばい仲達は、総兵力二十万を、長安の関から外に押し並べて、扇形陣せんけいじんを展開した。 吉川英治『三国志』より引用
  • 田峯衆の動揺を見て、滝川一益隊は、金色の三つ団子の旗印を押し並べて、わっしょわっしょと攻撃に出て来た。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用