押し上げ

全て 動詞
1,533 の用例 (0.02 秒)
  • 彼はサングラスを額に押し上げて、目の前の建物をと見こう見している。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 一時間後、発射台の油圧装置はゆっくりとロケットを地上に押し上げた。 ホーガン『星を継ぐもの』より引用
  • そしてブリックは不意に海面上に押し上げられてしまっていたのである。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『氷海越冬譚』より引用
  • 力強い二本の手が肩をつかみ、上へ上へと明るい空気の中へ押し上げた。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • 米国三大ネットワークで視聴率最下位だったABCを一位に押し上げた。
  • こいつは氷河の軸線内に上昇気流を押し上げ、悪天の原因になっている。 谷甲州『惑星CB 8越冬隊』より引用
  • 或る者はそう言って、青の背後から、両手をかけて押し上げたりした。 佐左木俊郎『狂馬』より引用
  • そのような押し上げられた対象はより良い性質を持つ場合がある。
  • ロドリゲスは眼鏡めがねを押し上げて、デスクにあった数枚の書類を確認する。 喬林知『今日からマ王 第05巻 外伝 「閣下とマのつく土佐日記!?」』より引用
  • あるときは圧力によって氷原の上に押し上げられた氷塊の上を彼は進んだ。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『氷海越冬譚』より引用
  • エレベーターが使用できるようになったのと同時に、下から押し上げたんだ。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • そのせまい隙間にそうしてかなり上まで無理に押し上げられていたのである。 ポー・エドガー・アラン『モルグ街の殺人事件』より引用
  • 一面のサフランの花を麓から押し上げている牧場を登って来た牛である。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼らは天皇を自分たちの力でここまで押し上げたと思っている。 松本清張『象徴の設計 新装版』より引用
  • そのときタルカーヴは彼らがすでに狙いをつけていた銃を手で押し上げた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • さらに小部屋の本体そのものが地面から押し上げられているところもあった。 日野啓三『聖岩 Holy Rock』より引用
  • 僕はまずそれだけで満足して、窓の戸を押し上げては見なかった。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • なんでも座頭ざがしらの席とかで、正面の高いところへ無理に押し上げられた。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 署長はそこへつめを入れて押し上げて見たらカラッと硝子ガラスは上にのぼった。 宮沢賢治『税務署長の冒険』より引用
  • 胸の臓器を全部押し上げて出してしまおうとしているかのような咳をする。 梶井基次郎『のんきな患者』より引用
  • 次へ »

押し上げ で始まる単語