押しつけ

全て 動詞
7,592 の用例 (0.02 秒)
  • 両腕を深くぼくの体にまわし、力をこめて抱き、彼女は体を押しつけた。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • 成功を押しつけられたみたいだ、というただそれだけの理由からである。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • 地面に押しつけた丸太のこちら側の端の上に八十キロほどの岩を載せる。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • というようなことを聞いてから、不意に身をかがめ体を押しつけてきた。 向田邦子『父の詫び状』より引用
  • ぼくの体に深く両腕をまわし、膝から胸までぴったりと体を押しつけた。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • コートの上から押しつけても、大人おとな一人を行動不能にできる強力なやつだ。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • 草を手ばなすと、今度は庭の樹の幹へ顔を押しつけて、じっと私を見た。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • 隣の部屋の応接間と接している壁に、テーブルが押しつけられてあった。 クリスティ/清水俊二訳『そして誰もいなくなった』より引用
  • 彼は横にとんでビルの壁に背を押しつけ、息をとめて周囲をうかがった。 光瀬龍『墓碑銘二〇〇七年』より引用
  • 警戒線が近づくと、下瀬は助手席で横になり頭を葉子のひざに押しつけた。 西村京太郎『悪女の舞踏会』より引用
  • しまつを押しつけられ、どこへ捨てたものかと困ってたにちがいない。 星新一『なりそこない王子』より引用
  • 自分の憲法は、親からの〝押しつけ憲法〟であってはならないのである。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • おかげで愚にもつかぬ異国の鳥を、たいまい五両で押しつけられました。 杉本苑子『新とはずがたり』より引用
  • そして両側もなにかそれに似たものでぴったりと押しつけられていた。 ポー・エドガー・アラン『早すぎる埋葬』より引用
  • 日本の政治家は自分はヤミをやらないような顔をして政治を押しつけていた。 坂口安吾『ヤミ論語』より引用
  • 横を向いてしまい、答えない月弥の頬に、牙神が自分の頬を押しつけた。 山藍紫姫子『色闇』より引用
  • 巨大な手につかまれたように、ジョーの背中はシートに押しつけられた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 鳩尾みぞおちに、ひざを押しつけたためにできたらしい大きな打撲傷が発見された。 ポー・エドガー・アラン『モルグ街の殺人事件』より引用
  • 四人分の座席に五人が坐るのだからどうしても体を押しつけあう形になる。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 艦外で、からだごと艦側に押しつけている何千という人々の群れの鼓動だ。 ジェイムズ・ブリッシュ『06 禁断のパラダイス』より引用
  • 次へ »