抵当ながれ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • あんたは、わしが今日限り抵当ながれにならなくてはならないわしの土地についてはよく承知なんだ。 ...
  • だけど、他人の借金の保証人になって、その抵当流れでこの土地をもらった。
  • 高橋がいたころからここの座敷には、抵当流れの書画骨董が飾ってあった。 ...
  • 銀行や債権者たちに抵当流れにしてしまってもらって在庫品や道具を引き渡してしまったほうがずっと得なことは、彼にもわかっていた。 ...
  • 抵当権所有者であるフィラデルフィアのストラウド社は湖とダムを抵当流れ処分。 ...
  • 養父は二三年そんな事にかかっていたが、今は単にそればかりでなく、抵当流れになったような家屋敷もほかに二三箇所はあるらしかった。 ...
  • あのまゝ抵当流れになり得るものならばと僕は寧ろ君の為に希つたこともあるのだが、何しろ代物が代物である為に商人としても僕としても絶対に処分は出来ぬのだ。 ...
  • 纏った金を持って上京してからは、猪之さんも亦渡仙のように抵当流れで儲け初めた。 ...
  • 「彼の父・山本直成なおしげが抵当流れになった土地を直良に与えたと聞いています」と山本家の子孫は語っている。 ...
  • 億単位の金額の抵当に入れるということは、それだけの資産価値があることを示すとともに、場合によっては抵当流れになってもよいという認識を持っていることを裏付ける。 ...
  • しかしながら銀行は、ローンを抵当流れ処分にしてしまい、スチュワートは自宅と財産の多くを失うこととなってしまった。 ...
  • 一週間後、抵当流れで石道の屋敷を正式に手に入れた人が取りこわしの為に人をいれると中にいた年もわからぬ骸骨のような男が「絵具を持ってきたか」と叫んだので人夫たちは驚いて家をとびだした。 ...
  • 五人並べといて元金と利子を返した時、俺一人は抵当流れにしてもらいたいって顔を五人ともしてたわ。
  • 万一その時に受け出すことが出来なければ、そのまま抵当流れにしても差しつかえない。 ...
  • まさにこのころが非農地不動産抵当流れのピークであった。 ...
  • 自分の所有になったのではなかったが、高利の金を貸している高木のところで、抵当流れとして取り上げた南部産の駒を、伝平のところへ預かったのであった。 ...
  • 未納税金の抵当流れで、二十年間以上も誰かがずっと不動産税を払いつづけてきたとは千に一つも考えられないことだから。 ...