抱腹絶倒する

20 の用例 (0.00 秒)
  • その次のシーンこそぼくがこの映画の中で最も抱腹絶倒した場面である。 筒井康隆『不良少年の映画史 PART2』より引用
  • というくだりなどは、思わず抱腹絶倒してしまうではないか。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • これを通訳仲間だけで抱腹絶倒しているだけじゃあもったいない。 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』より引用
  • 抱腹絶倒する三人を乗せて、ドリーは夕陽の中を滑走していった。 野尻抱介『ふわふわの泉』より引用
  • 第三者がこれを聞いたら、抱腹絶倒したでありましょう。 山田風太郎『魔群の通過』より引用
  • それが前述のような大変なお姫様だったわけで、昔の『源氏物語』の読者が抱腹絶倒した場面だ。 池田弥三郎『話のたね』より引用
  • が、こんなことを書いているのをポオが天国で見ているとすれば、いまごろ彼は抱腹絶倒しているにちがいない。 ポー/八木敏雄訳『ポオのSF 第1巻』より引用
  • しかし、話上手で、しばしば座中の人が抱腹絶倒するようなユーモラスな話をした。 海音寺潮五郎『列藩騒動録(三)』より引用
  • ハイエとチャーデンは、炭坑夫らしく大口を開けて、抱腹絶倒している。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • われわれなら抱腹絶倒してしまうようなことがマイニンゲンやケッテンではきわめて壮厳なものだと思われている。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用
  • 彼が着いたのを見て駈けつけてきた隣人たちは、一同抱腹絶倒しながら、もうとっくの昔、彼の妻は夫が死んだものと思って、行ってしまい、家にあったもの全部を持って、どこかしら遠い国に立ち退いてしまったということを、彼に知らせました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 08』より引用
  • ガリヴァー氏はそんな風景を見て、抱腹絶倒ほうふくぜつとうした。 山田風太郎『忍法破倭兵状』より引用
  • どうしても元号を廃止しなければならぬ理由があるなら、その時は、西暦をADとせずCEとしなければおかしいが、これを用いればまた抱腹絶倒する者もいよう。 ベンダサン『日本人とユダヤ人』より引用
  • 正真正銘の白紙だけだったので皆抱腹絶倒した。 夢野久作『近世快人伝』より引用
  • 二人の問答をきいていると、諧謔かいぎやくの弾丸を撃ち合っているようで、余人には口も出せないで、ただ抱腹絶倒してしまう。 山田風太郎『海鳴り忍法帖』より引用
  • その極端なかたちがいわゆる夢の中の恐怖で、例えば飛行機から落っこちるとか、カバに追っかけられるとか、めてみれば抱腹絶倒するようなことでも、夢の中では本気で「ギャーッ」と悲鳴をあげるのは、だれでも経験することである。 山田風太郎『死言状』より引用
  • リヒャルト・ヴァーグナーがボックスに坐りこみ、大まじめになってそれを聞いてる全聴衆をながめながら、抱腹絶倒してる姿が想像できる。 モーム/北川悌二訳『人間の絆(上)』より引用
  • 聞いた者は抱腹絶倒したが、ニルソン中佐が「ごついおっさん」であり、少年愛の性向など皆無であることをみんなが知っていたので、笑話ですんだのである。 田中芳樹『銀河英雄伝説 04 策謀篇』より引用
  • 文字どおり抱腹絶倒しているのです。 モーム/田中西二郎訳『幸福』より引用
  • 僧侶が袈裟をなくして探し回る、独身の尼さんに乳児用のオムツが必要になる、口の上手な京童とおのぼりさんの東人の珍妙なやりとり、といった寸劇が演じられ、都の人たちが抱腹絶倒していた様子が伺える。