抱き締めん

2 の例文 (0.00 秒)
  • そして、虚しくなほも彼女を抱き締めんとする絶望の腕の間から掻き消えて、燃ゆるがごとき白妙しろたへ幻影まぼろしは、空中にまぎれて、姿を隠してしまつた。 ...
  • してその不届きなる料理人は、配下のくりやの少年に対して、無理無体に抱き締めんと試みて裂傷を負わせたるため、罰せらるるを恐れて、一日逐電いたしたのじゃ。 ...