抱き寄せ

986 の用例 (0.00 秒)
  • 息子を抱き寄せてやりたかったが、台所の明るい声がそれを中止させた。 矢作俊彦『東京カウボーイ』より引用
  • そして岩から抜け出してからも、かれはしっかりと女を抱き寄せていた。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • それから急に、母さんは並んで立っているあたしの肩を強く抱き寄せた。 山本弘『妖魔夜行 私は十代の蜘蛛女だった』より引用
  • ささやくように言って、星良は陽子の肩に手をかけ、自分の方に抱き寄せた。 森瑤子『アイランド』より引用
  • 抱き寄せられたとたんに、時間が止まってしまったような感じがした。 川上弘美『センセイの鞄』より引用
  • わたしは、彼女を抱き寄せて、彼女のぬれた唇にわたしの唇を合わせた。 マゾッホ/小野武雄訳『毛皮を着たヴィーナス』より引用
  • そして彼女の両肩を抱き寄せ、その青ざめた顔を自分の胸にいこんだ。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 鼻をクンクンさせながら肩を抱き寄せ、悪戯いたずらでもするように唇を寄せた。 阿刀田高『花の図鑑(下)』より引用
  • アザゼルは彼女の肩に手を回し、深いかなしみと同情をこめて抱き寄せた。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 母親は茫然ぼうぜんとしている娘をしっかりと胸に抱き寄せながら、なぐさめた。 森瑤子『望郷』より引用
  • その夜、わたしは自分の気持ちを逆撫さかなでするように、彼女を抱き寄せた。 近藤史恵『散りしかたみに』より引用
  • 彼はそれを優先することにして、彼女の肩に手をまわし、抱き寄せた。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 立ちどまり、十四歳の娘の肩に腕をまわし、恵子は里里葉を抱き寄せた。 片岡義男『夏と少年の短篇』より引用
  • わたしは自分も泣きそうになりながら、瞳ちゃんの肩を抱き寄せた。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • 俺はごく自然に、腕を延ばして楓ちゃんのちいさな体を抱き寄せていた。 前薗はるか『痕~きずあと~』より引用
  • なんてかわいい女だろうかと、慶左衛門は思わず肩を抱き寄せました。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • それから腕をわたしの肩にしっかりとまわし、わたしを抱き寄せた。 川上弘美『センセイの鞄』より引用
  • 彼は誠実な声で言うと、腕を伸ばして奈々子の頭を自分の腕に抱き寄せた。 森瑤子『デザートはあなた』より引用
  • 彼は広い肩を揺らして笑いをこらえていたが、ガブリエルを抱き寄せた。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • 乃里子は、その横顔を今でも美しいと思い、胸に抱き寄せたいと思った。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • 次へ »