披瀝

全て 名詞
422 の例文 (0.00 秒)
  • この感情は貴方に向ってこそ全幅に求め披瀝してよいものだと信じます。 ...
  • その視線に耐えて面を上げていたとしても、披瀝ひれきすべきよい案はなかった。 ...
  • 打ち解けて語ると言っても心の底を互いに披瀝ひれきするようなことはなかった。 ...
  • ここぞとばかりに、わしはひごろ考えていた関東干拓計画を披瀝ひれきしたね。 ...
  • いずれにせよ、こうして余自身の披瀝ひれきを余儀なくされているのは事実である。 ...
  • かれは感情を披瀝ひれきする詩人としてよりほかに光明を認め得るものはないと思った。 ...
  • 彼は艦隊の高級士官たちに自分の思うところを披瀝《ひ れき》した。 ...
  • そのためにはまず自分の姿勢を正し、相手に対する絶対的信頼を披瀝ひれきする。 ...
  • 彼は熱心に自分の誠意を披瀝ひれきし、二人の間柄は一層親密になるだろう。 ...
  • 私は真実の友として、心のなかのすべてを披瀝したのに、彼はほとんど無関心でした! ...
  • もっとちがう形で、自分の気持を披瀝ひれきしたかったような気がした。 ...
  • 僕にとって最重要の要件に関して、ありったけの気持ちを披瀝した次第です。 ...
  • それらのことについて私の管見を披瀝ひれきしようとするのである。 ...
  • そして要領を得ない将校が帰ったあとは、泉に信念の一端を披瀝した。 ...
  • 棟方が人に故郷への熱烈な愛情を披瀝ひれきした例は、それこそ枚挙にいとまがない。 ...
  • それは、真実の身分を披瀝して、中央に訴えんとする上告文であった。 ...
  • わたしが披瀝した戦略計画は、王たちの熱狂的な支持を受けた。 ...
  • 次へ