抜き出す

全て 動詞
251 の用例 (0.00 秒)
  • ただ機械的に抜き出すこともあるが、自然言語処理を用いることもある。
  • 結婚式の写真を見て、何の気なしに隣のアルバムも抜き出して見たのよ。 北村薫『覆面作家の夢の家』より引用
  • 味をおぼえて次の日もこんどは紙幣の束からそっと幾枚かを抜き出した。 室生犀星『性に眼覚める頃』より引用
  • 棚に並んでいる書物の背を眺め、ときおり抜き出して内容を調べてみる。 吉行淳之介『私の東京物語』より引用
  • この中から一枚だけ好きなカードを抜き出して、皆にも見せて下さい。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • スクラップ・ブックからそのときの発言を抜き出してみると次のようだ。 種村季弘『食物漫遊記』より引用
  • 女はカウンターにのせたバッグから一本だけ煙草を抜き出すとくわえた。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • そのなかの一冊を抜き出し、書斎のがっしりした机で読むのもよかった。 星新一『ごたごた気流』より引用
  • また身体障害者向けに一部キー機能を抜き出した入力装置も見られる。
  • それは紙の束の中からわざわざこの紙をき出していたことについてだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅵ』より引用
  • しかしこの写真はすぐに映画の一シーンの抜き出しであることが明らかになった。
  • 信吉の箱から一本抜き出して、火をつけると、器用に煙の輪をつくった。 織田作之助『夜の構図』より引用
  • ウィズダムはベルトから銃を抜き出すと、それをテーブルの上に投げた。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • だれかがわたしの下着のなかに手を入れ、カードを抜き出していった。 星新一『なりそこない王子』より引用
  • 彼女は、自分の傾向と対策に役に立ちそうな部分だけを抜き出して読んだ。 山田詠美『快楽の動詞』より引用
  • 海舟は帯にさしていた拳銃けんじゆうき出すと、銃口じゆうこう大尉たいいの顔にきつけた。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 篠川智恵子はカウンターに戻ってくると、さっき抜き出した本を置いた。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • 私は、折れそうになつた椿の枝を一本雪から抜き出してそこで一休みした。 中野重治『室生犀星』より引用
  • ソーンダイクはポケット・ケースをとり出してピンセットを抜き出した。 フリーマン/大久保康雄訳『歌う白骨』より引用
  • 番組の一部分のみを抜き出しての配信は今回が初めてのケースとなる。
  • 次へ »