折柄

489 の例文 (0.00 秒)
  • その時は折柄の豪雨であったからたいていの人は見ずにしまったという。 ...
  • 折柄をりからそこへ来合はせたのは一人の紳士で、伍廷芳とは初めての対面だつた。 ...
  • 折柄、商人のチプリ人は、商品を持ってエルミニアに行っておりました。 ...
  • 折柄おりから柿落葉の時節で宿から南郷街道なんごうかいどうへ出るまではの葉で路が一杯です。 ...
  • 何事もなく門まで行ったとき、文四郎は折柄門を入って来た人間と鉢合わせした。 ...
  • そうなったら、住宅不足の折柄、他に貸室を見つけるのも容易でない。 ...
  • 折柄、まだ警官がいるところに着いたので、いちぶしじゅうを警官に述べた。 ...
  • 折柄呼鈴ベルが激しく鳴って、書生が二人の紳士を伴って入って来た。 ...
  • 道の両側には、折柄の菊の花売がカンテラの陰で白い花に水を灌いでゐた。 ...
  • 折柄成立した新しい内閣のことなど、まるで話題にもならない。 ...
  • 折柄おりからの雷のシーズンを迎えて、高い櫓にのぼるには、相当の覚悟が必要だった。 ...
  • 三吉はお雪と一緒に自分の家の方で、折柄おりから訪ねて来たお愛を送り出したところであった。 ...
  • 科学的精神が問題になる折柄、通読しても、無駄にはならぬようだ。 ...
  • 折柄の雨は笹子峠に近づくと雪に変ったので、少し驚いた。 ...
  • だが、折柄おりから空に月はあれど夜のことだから、ついにそれを発見することが出来なかったという。 ...
  • では、寒さに向かう折柄、皆さんどうぞお体を大切にしてください。 ...
  • 配給物がだんだん減ってゆく折柄、かえってそのほうがいいのだ。 ...
  • 次へ