投網

全て 名詞
296 の例文 (0.00 秒)
  • 投網とあみのように広がった、針女子の髪から逃げることはただでさえ難しい。 ...
  • それを見て平助は、これは投網を打ちに行けというんだなとさとりました。 ...
  • 投網の夜打ちが済んだら、彼は八幡様のお祭りに行くつもりなのである。 ...
  • すでに、それは、投網にからまって、自由な動きがとれなくなっていた。 ...
  • 漁師が投網を打つような格好に似ている事から名付けられたと言われている。 ...
  • 投網を持ってる家は、今時、村には二軒しかないと、宗吉は自慢だった。 ...
  • 一枚の帯状に作られている投網もあり、これは投刺網/投げ刺網という。 ...
  • 物理学的観点から、この描写では投網とも鵜飼とも言えないとの意見もある。 ...
  • 投網には、等量の網石が網裾に均等な幅で数多く取り付けられている。 ...
  • それに合わせて全身で中央に向かって投網とあみするように! ...
  • さらに投網を使うメダマグモ科のような特殊化したものさえある。 ...
  • 晩夏初秋の頃になると、朝靄のなかに舟を流して投網をうつ姿が見られた。 ...
  • 千曲川の方から投網とあみをさげてよく帰って来る髪の長い売卜者えきしゃが居る。 ...
  • 彼の説はだいたい首肯されるが、結局は投網の自慢になってしまった。 ...
  • 中には投網とあみのようなものを持っているのもいる。 ...
  • 三原は投網を取り出して、浅瀬を渡りながら忽ち十余尾の鮎を捕獲した。 ...
  • 上端部には手綱が付いていて、これを握って投網を打ち、手繰り寄せる。 ...
  • 次へ