投手と投げ合い

18 の例文 (0.00 秒)
  • 花園高の斉藤明雄投手と投げ合い、延長16回の熱戦の末に6-4で勝利。 ...
  • しかし2回戦で早稲田実業高の荒木大輔投手と投げ合い、0-5で敗れた。 ...
  • この大会では2回戦で北海高の吉沢勝投手と投げ合い逆転負け。 ...
  • しかし準決勝では柳井高の友歳克彦投手と投げ合い、0-1で完封負け。 ...
  • しかし準決勝でPL学園の新美敏投手と投げ合い5-16で敗退した。 ...
  • 決勝では春の優勝校・作新学院の加藤斌投手と投げ合うが0-1で惜敗、準優勝にとどまる。 ...
  • 開幕第2戦で先発を任されたが、この試合では同年最多勝利を獲得したキップ・グロス投手と投げ合い、9安打されながらも完投勝利を挙げた。 ...
  • 真田重蔵投手と投げ合い、延長12回表に1点を勝ち越され、3-4で敗れた。 ...
  • 伊東昭光投手と投げ合い1-7で敗退、準優勝にとどまるが同大会の敢闘賞を受賞した。 ...
  • 決勝では中学生の時からのライバルである広島商の日高晶彦投手と投げ合い、延長10回の熱闘の末に敗退、甲子園出場を逸した。 ...
  • 夏の選手権では1回戦で銚子商の根本隆投手と投げ合い、延長10回サヨナラ負けを喫する。 ...
  • その後も勝ち進み決勝に進出するが、東海大相模の上原広投手と投げ合い0-2で完封負け、甲子園には届かなかった。 ...
  • 春の選抜では丸亀商業高、音重鎮のいた星稜高を降し準々決勝に進出するが、この大会に準優勝した印旛高の佐藤文男投手と投げ合い、延長10回で敗退。 ...
  • 大昭和製紙北海道の柳俊之、千藤和久両投手と投げ合い、延長10回の熱戦で敗退。 ...
  • 翌の都市対抗では、1回戦で先発、新日鉄堺の山口高志投手と投げ合うが、0-1で完封負けを喫した。 ...
  • 横浜高の愛甲猛投手と投げ合うが3-5で敗退。 ...
  • 決勝では東京六大学選抜の星野仙一・橘谷健両投手と投げ合い、田淵幸一・谷沢健一らの強力打線を抑えて1-0で完封勝利。 ...