投げ出すわけ

14 の用例 (0.00 秒)
  • そう思いはしたものの、ここまできて投げ出すわけにもいきません。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 金を貰ってるから、窓から投げ出すわけにもいかず、そのまま走ったんだよ。 西村京太郎『愛と悲しみの墓標』より引用
  • 心の中では疲れを感じ、敗北感を味わっていたが、投げ出すわけにはいかなかった。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔下〕』より引用
  • だとすれば、竜と戦うことだって、最初から投げ出すわけにはいかないのだ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第06巻 取り換えられたプリンセス』より引用
  • 手伝うと言ってしまった手前、ここで投げ出すわけにもいかない。 篠崎砂美『お隣の魔法使い2 ~不思議は二人の使い魔~』より引用
  • しかし、だからと言ってここで投げ出すわけにもいかない。 むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』より引用
  • 別に女の子に呼び出されたからって、へらへら仕事を投げ出すわけではない。 近藤史恵『天使はモップを持って』より引用
  • 事件を途中で投げ出すわけにはいかない。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • 彼女はふつうの高校生のように、帰宅後疲れた身体をベッドに投げ出すわけにはいかない。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 広田の先輩の小幡酉吉もいったように、組閣の途中で簡単に投げ出すわけにいかない。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • 今、この時に投げ出すわけにはいかないわ。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • 途中で投げ出すわけにもいかない。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • まだ投げ出すわけにはいかない。 谷川流『涼宮ハルヒの消失』より引用
  • しかし、靴を脱いで白いタイツの足を再び机上きじょうに投げ出すわけだから、大した反省ではないというか何というか、とにかく副官の心情などまったくわかっていない人なのだった。 今野緒雪『スリピッシュ! 03 ひとり歩きの姫君(前編)』より引用