投げ出すところ

7 の用例 (0.00 秒)
  • 命を投げ出すところから生まれてくる、ある気品のようなもの。 赤瀬川原平『老人力 全一冊』より引用
  • するとステパンが怒って、今少しでその同窓生を窓から外へ投げ出すところであった。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • 「お金をあんなふうに投げ出すところを見ると」彼は落ち着きはらった口調でいう。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • 特許でもうけようというのだったら、途中で投げ出すところだ。 星新一『きまぐれ学問所』より引用
  • したがって、私のようなタイプの者には、金銭が、私が社会に投げ出すところの心の片端、というものになってしまうのだ。 秋山駿『人生の検証』より引用
  • エドナを恋敵に取られたチャーリーが走ってくる自動車の前に身を投げ出すところが夢なのか、はたまたハッピーエンドの部分が夢なのか、その見解は一致していない。
  • 実のところ、もう、あきあきして、投げ出すところだった。 クイーン/石川年訳『シャム双子殺人事件』より引用