抑える

全て 動詞
5,426 の用例 (0.01 秒)
  • これはわたしの張りつめた意志を以てしても抑えることができなかった。 ジッド/石川淳訳『背徳者』より引用
  • だが東京でひと旗あげたいという気持ちを抑えることはできなかった。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 先程の攻撃では、必要以上のエネルギー消費を抑えることができたのだ。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • 手の震えを抑えるのがやっとで、既にシャツの下は汗びっしょりである。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 夫人は、顔にひろがってしまう喜びの感情を抑えることができなかった。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用
  • うなりをすっかり抑えることはできなかったが、咬もうとはしなかった。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • 彼は自分で抑えることもどうすることも出来ない力のままに動いた。 島崎藤村『家』より引用
  • それはまた左右の男女なんによたちの力もほとんどおさえることのできないものだった。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • それはまた左右の男女なんにょたちの力もほとんど抑えることの出来ないものだった。 芥川竜之介『古千屋』より引用
  • むしろ声が大きくなってしまいそうになるのを、抑えるのに苦労した。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • しかしその瞬間に僕はいきなり抑えることのできない激情に捕えられた。 有島武郎『生まれ出づる悩み』より引用
  • するすると前に進んでいってしまう自転車をおさえるのが面倒めんどうっていうか。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第06巻』より引用
  • 心の奥底からほとばしりでるこの叫びを抑えることができなかったのだ。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • やがて私は自分を抑える力をとり戻し、一段一段、階段を降りて行った。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用
  • 彼のいうことを聞きながら、わたしは涙を抑えることができなかった。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • だが、それと同時にカッと頭に血が上るのを抑えることはできなかった。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • あたりの静寂は、自然と人のしゃべり声を低く抑える効果を持っていた。 吉村達也『出雲信仰殺人事件』より引用
  • その場から動かずに春香は下を向き、自分をおさえるかのようにつぶやく。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第04巻』より引用
  • 花嫁よりも魅力的にならないようにと、華やかさを抑えるのに苦労した。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • この老婦人ろうふじんおいに会いたいという気持ちをおさえることができなかった。 オルコット/吉田勝江訳『若草物語 2下』より引用
  • 次へ »