技術を盗む

20 の用例 (0.00 秒)
  • だから教えを乞うのではなく、隙をみて技術を盗んでこいと命じられた。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • フルシチョフは、ソ連の進んだ技術を盗もうとする意図を感じてこの提案を拒否した。
  • 彼の真の目的は技術を盗むことであった。
  • 最初のミーティングでも、わざわざ前に呼ばれて紹介されてね、彼女の技術を盗むようにって。 川島誠『800』より引用
  • そうやって技術を盗んでいかないと、あたしはいつまでたっても新入りのペーペーのままなんだ。 苑崎透『トップをねらえ! ネクストジェネレーション』より引用
  • 欧州議会はNSAがエシュロンを使って、エアバスの技術を盗むのではないかと疑い調査した。
  • さまざまな文明から新技術を盗んだりしたのだが、この千年でなしえた性能向上は一パーセントにも充たなかった。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • この際に、開発した技術を盗んで逃げ出そうとした、白人の助手が解雇になるという事件も起きている。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • また創価学会は三菱商事のパリ支店を利用しフランスの核技術を盗もうとした疑いももたれている。
  • トヨタが慎重であるのは神尾から聞いているが、GMにはトヨタから技術を盗むという考えは全くなかった。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • ところで小五郎は、幕府の軍艦建造技術を盗むつもりだった。 古川薫『桂小五郎(上)』より引用
  • 両名はスパイの疑いをかけられたまま、強制退去処分に付されたが、実は日本の技術を盗むどころか、ポーランドから高度な技術を指導に来たものとも言われている。 森村誠一『悪魔の圏内(テリトリー)』より引用
  • ホテル学校も卒業していますし、日本航空に潜り込んで国際線のパーサーをしていた頃は、もっぱら外国の程度の高い仕事をしている店に喰べに行って、その技術を盗んだのです。 安部譲二『賞ナシ罰アリ猫もいる』より引用
  • 別の国の別の大会の代表候補のため関連性もないと思われるが、第13大会のテンロウガンダムを開発したネオモンゴルやネオチャイナが技術提供をした可能性やネオジャパンが技術を盗んだ可能性もある。
  • 一方、デストロン軍団もその技術を盗み強化を果たした。
  • 実はクラスは以前の会社を辞めておらず、ノルウェーの有名企業の最先端技術を盗むためにその会社に採用されるように、有能なヘッドハンターとして知られるロジャーに接近したのだという。
  • 特に、辺境の地に住むミュージシャンはその一流のミュージシャンたちの演奏技術を盗もうと耳をそばだてて聞いた。
  • 機械嫌いの人間至上主義者はいつ爆破テロに走るか分からないし、人間嫌いの電脳至上主義者は技術を 盗むために『樹形図の設計者ツリーダイアグラム』の保管室に忍び込もうとするかもしれない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • 一つ目はスーパーヴィラン・スコーピオが技術を盗み、ゾディアックと呼ばれるヴィランのチームの二代目を作り出したことである。
  • フルシチョフは、この試みでケネディがソビエトの宇宙開発技術を盗もうとする意図があると察したとして、提案を退けた。