技を盗む

24 の用例 (0.00 秒)
  • この言葉は、アドバイスの価値はアドバイスを受け止める側の「技を盗む意識」に大きくかかっていることを教えてくれる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗む力は、単なる模倣とは全く異なる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 当時料理は先輩の料理を見様見真似で覚え、更には技を盗むのが普通であったため、食材の量は目分量であったが、一度しか放送しない番組ではそうはいかないため、食材をグラム単位で紹介するなどわかり易く紹介することに努めた。
  • うまい人のやることや言うことをじっくり見て、聴いて、自分で試しながら「技を盗む」という、徒弟制の時代の技術の身につけ方は、緊張感があって効果的である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • そうしたポイントの「絞り込み」を、自分の身体を動かして行うプロセスが、技を盗むための素地となる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • また、仕事自体が「段取り」によって組まれているので、技を盗むということは、段取りを盗むということでもある。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗む意識は、熟達者ほど高い。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 貪欲なまでの「技を盗む」姿勢である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • ラフ&パワーのイメージが強いが、盟友の技を盗む、既存の技にアレンジを加えるなど独自のファイトスタイルを築いていた。