技を盗む力

5 の用例 (0.00 秒)
  • 技を盗む力は、「暗黙知をいかに明確に認識するか」にかかっている。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • ここでもう一つ注目したいのは、高原の〈技を盗む力〉を支えていた関係性である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗む力の根本は、暗黙の内に行われている事柄を認識し、表面化させるという作業である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗む力は、暗黙知を自分の認識力で自分にとっての形式知とし、暗黙知へと染み込ませるという作業である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗む力は、単なる模倣とは全く異なる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用