技を盗むということ

3 の用例 (0.00 秒)
  • そうしたプロセスができあがってはじめて、技を盗むということが可能となる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • そこまで極端ではなくても、表面に現れたパフォーマンスをそのまま真似して満足してしまうのも単なる模倣であり、技を盗むということではない。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • また、仕事自体が「段取り」によって組まれているので、技を盗むということは、段取りを盗むということでもある。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用