技を盗む

24 の用例 (0.00 秒)
  • 同じ厨房使ってたら、こいつが俺たちの技を盗むかもしれないだろ。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • 技を盗む力は、「暗黙知をいかに明確に認識するか」にかかっている。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • レイヴは他のレスラーの技を盗むようになり、自分の技と主張するようになった。
  • ここでもう一つ注目したいのは、高原の〈技を盗む力〉を支えていた関係性である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • そうしたパズルは与えられるものではなく、技を盗む側が自分でつくるものである。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • そうしたプロセスができあがってはじめて、技を盗むということが可能となる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗む力の根本は、暗黙の内に行われている事柄を認識し、表面化させるという作業である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • サービスされることに慣れすぎてしまうと、自分から貪欲に技を盗もうとする意識が育ちにくい。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 足立がブルペンで投げるときには必ず後ろから見て、足立の技を盗もうとした。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • その解決のために、相手の技を盗むことは必須ひつすだった。 平岩弓枝『ちっちゃなかみさん』より引用
  • 日本中の職人にてれび戦士が弟子入りし、その技を盗むコーナー。
  • 生徒側がどうしても受け身の構えになるので、貪欲に技を盗もうという意識が育ちにくい。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 貪欲に技を盗もうとする姿勢で他者を見続けてきた眼力は、コーチになったときにいっそう生きてくる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗む力は、暗黙知を自分の認識力で自分にとっての形式知とし、暗黙知へと染み込ませるという作業である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • そこまで極端ではなくても、表面に現れたパフォーマンスをそのまま真似して満足してしまうのも単なる模倣であり、技を盗むということではない。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗むコツは、この「暗黙知」と「形式知」の循環を技化することにある。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 「技を盗むんだ」という意識を強く持って、積極的な構えをもって場に臨むことによって、初めてヒントが得られるのである。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 「技を盗む」と聞くと、未熟なものが熟達した者の技を盗むケースばかりイメージしがちである。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 技を盗むためには、漠然と見るのでは不十分である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 言葉で丁寧に教えてもらえないからこそ、あるいは言葉で教えてもらえる以上のものを身につけたいからこそ、「技を盗もう」という意識が生まれる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 次へ »