承久三年

17 の例文 (0.00 秒)
  • しかし、承久三年十一月六日の夢には少し趣きが異なる明恵像が出現している。 ...
  • 建久九年から始まり、承久三年正月の最終回まで三十一回出かけている。 ...
  • この乱のおこった承久三年には、定家もすでに六十歳になっていた。 ...
  • 承久三年嵯峨の清涼寺が焼けたのをこの聖が造営した。 ...
  • 謀反むほんは承久三年に勃発ぼつぱつしたので、承久の乱と呼ぶ。 ...
  • 承久じようきゆうの乱の戦功によってこの地を拝領した佐々木信綱のぶつなが、承久三年に入部し、安曇あど川ぞいの岩神に館をやかた築いて以来、三百数十年もの間朽木氏が本貫地としてきた土地だった。 ...
  • その後かの承久乱のために、後鳥羽・土御門つちみかど・順徳三上皇の遷幸という未曾有みぞうの事件が生じて、後鳥羽院仙洞を中心にできていた都の歌壇がばらばらになったのは承久三年、定家六十歳であった。 ...
  • 承久三年の越後越中の寒原さむはらの二火牛戦も、嘉吉かきつ元年の但馬播磨たじまはりま境の大山口の用牛戦も、みんなせい田単でんたんの火牛戦の焼き直しとも見るべきで、ウソと断じてよい。 ...
  • 承久三年父後鳥羽院の倒幕の計画にくわわり、失敗し、同年佐渡にながされ、二十二年のわびしい生活をその地で過ごして没。 ...
  • 後鳥羽上皇は承久三年七月二十七日より八月五日まで、後醍醐天皇は元弘二年三月十九日より四月二日までこの仏谷寺に滞在して隠岐へ渡ったと書かれてある。 ...
  • 承久三年、承久の乱が起こると、おりから鎌倉にあった相良長頼は弟の宗頼・頼忠とともに北条時房に属して西上、のち北条泰時に属し宇治川の戦いで奮戦、功をたてた。 ...
  • その後、承久三年まで土御門・順徳・仲恭ちゅうきょう三天皇の御代にわたり、足かけ二十四年間、院政をお執りになった。 ...
  • 現在、長野県松本市大手にある真宗大谷派大宝山専修院正行寺と松本市島立南栗にある浄土真宗本願寺派大宝山高綱院正行寺は、親鸞聖人の弟子である了智上人となった高綱が建立したと伝えられており、近くには「釈了智上人承久三年十月二十五日寂佐々木四郎高綱」と書かれた墓碑銘を持つ、高綱のものと推定される墓がある。 ...
  • 安田元久によると、本事件についての呼称は、鎌倉幕府側の文献である『吾妻鏡』では「承久兵乱」「承久逆乱」「承久三年合戦」「承久三年大乱」といった表記を用いた。 ...
  • 承久三年承久の乱勃発。 ...
  • 吾妻鏡の承久5年8月7日の條にて「鶴岡八幡宮御分武蔵矢古宇郷司職五十六歩」との記述があり、鶴岡八幡宮の文書に「可令早爲鶴岡八幡宮社領武蔵矢古宇郷可爲社領之状 依仰下知如何 承久三年八月二 日陸奥守平花押」 とあることから、谷古宇は鶴岡八幡宮の領地であった。 ...