扱えるデータ

7 の用例 (0.00 秒)
  • すなわち、データの質は扱わず、確率論的に扱えるデータの量だけを扱う。
  • Pythonでは扱えるデータの全てがオブジェクトである。
  • コンピュータの扱えるデータ量が増えるに従い、ここに三番打者、四番打者といった概念を持ち込むことでゲーム中の選手の差別化が行われるようになった。
  • ただし、複数台に同じデータを持っているので、扱えるデータ容量としてはアレイを構成するハードディスク容量の半分以下となる。
  • 扱えるデータの量は格段に増えたが、CD-ROMドライブは等速のままだったため、比例して1回のロード時間が長くなるケースが多く、ソフト側はこれまで以上にロード時間短縮のための技術的努力が必要であった。
  • その源流はPDP-10上のMaclispだが、扱えるデータ型が増え、多重継承型のオブジェクト指向プログラミング機能が追加されている。
  • 例えば、「ビット幅」や「データパス幅」が8ビットであるため8ビットCPUと呼ばれるCPUでは1度に扱えるデータの幅が8ビットであり、数値としては8桁の2進数で表せる範囲である「2の8乗」つまり「0-255」まで表現できる。