扱う物理学

8 の用例 (0.00 秒)
  • 応用物理学は、より工学に近い研究対象を扱う物理学分野のことを指す。
  • 固体を扱う物理学は固体物理学と呼ばれ、物性物理学の一分野である。
  • 非線形物理学は、非線形な系を扱う物理学の分野である。
  • 流体力学は連続体力学の一部であり、流体の変形や応力を扱う物理学である。
  • なお、仕事と熱に関係するエネルギーの出入りを扱う物理学を熱力学といい、種々の基本法則によって支えられている。
  • マルコフ過程の理論は、現代の確率過程論の一部分として、時間的に変化する確率的現象を扱う物理学、工学、オペレーションズ・リサーチ、生物学、社会科学などに広く応用される。
  • 熱エネルギーそのものを扱う物理学の一分野である熱力学を基礎とし、熱効率、エントロピー、エクセルギーを評価の方法として、熱サイクル、熱エネルギーからのエネルギー変換、蒸気、伝熱、燃焼、空気調和などを扱う。
  • また、力学、電磁気学、統計力学などのほか、フーリエ変換や電波天文学のデータ解析の基礎を扱う物理学実験を指導しており、受講生が年に1、2回、ポスター発表を公開している。