扱う工学分野

5 の用例 (0.00 秒)
  • エキスパートシステムの開発・構築・保守を扱う工学分野を「知識工学」と呼ぶ。
  • このため、コンピュータやソフトウェアを扱う工学分野では、「システム」という用語が「有益な機能を実行するのに必要な全要素を含むもの」と再定義された。
  • 粉粒体を扱う工学分野は粉体工学と呼ばれる。
  • 流体力学以外にも流れを扱う工学分野、あるいは流体力学と密接な関連があったり、それなりの重なりがある工学分野はいくつもあり、たとえば船舶工学は船舶とそのまわりの水の流れに重点において「流れ」を扱い、航空工学では航空機に関する空気などの「流れ」を扱う。
  • 電力工学は、電力流通や、高電圧・大電流・大電力の電力機器・電気材料・電力回路・電力応用などを扱う工学分野である。