扱う小売店

10 の用例 (0.00 秒)
  • ソ連時代のロシアでは、食品を扱う小売店の数は少なかった。
  • 近江町市場は、石川県金沢市の中心部にある、主に生鮮食品などの食品と生活雑貨を扱う小売店が主体の市場である。
  • 北米ではもはや映像のプロくらいしか顧客がないAmigaを扱う小売店は皆無に等しく、欧州でもAmigaが売れているのはドイツとイギリスのみとなっていた。
  • アートチップとしては、低価格で普及グレードのものとしては、ドラッグストアや化粧品を扱う小売店の多くで、既に工場で生産されたネイルチップが販売されている。
  • CD形態の場合、同人誌即売会での頒布の他、同人誌を扱う小売店での委託販売も行われており、大半のリスナーはこれらの場所において作品を入手している。
  • 呉服、食料品、日用雑貨までなんでも扱う小売店をやっていた。
  • ただし、高級デパートや高級ブランド店など、高額商品を扱う小売店も単位床面積あたりの売上額が大きいため、それらが集中する地区も富の中心として都心と見なされることもある。
  • セガも同様に任天堂流通に不満を持っており、SS発売の際に独自の流通体制を整備することでSSを扱う小売店の数を拡大させたが、親会社のCD-ROM生産設備を利用できたSCEと異なり、CD-ROMの特性を生かした柔軟な生産調整を行うことはできなかった。
  • アン・サマーズは、イギリスで創業した多国籍企業で、もっぱら性具やランジェリーを扱う小売店を、イギリスをはじめ、アイルランド、チャンネル諸島、スペインに、合わせて140以上の店舗を繁華街に展開している。
  • ヘッド・ショップと呼ばれるアンダーグラウンド新聞やサイケデリック・ポスター、ドラッグ吸引用品を扱う小売店を通して、アンダーグラウンド・コミックスは大いに流通した。