扱う場合

303 の用例 (0.00 秒)
  • 乗数効果を扱う場合に、まれに波及効果と混同されている場合がある。
  • もちろん、形質の差が大きくなければそれ以下の亜種や変種として扱う場合もある。
  • ヨーロッパの金石学は、文字文化を扱う場合に考古学の主要な道具のひとつとなる。
  • ただし、頸部より上の血管に関しては、脳神経外科学で扱う場合が多い。
  • 苔から木本まで、香りや薬効があるものをハーブとして扱う場合もある。
  • ただし、重要なテーマを扱う場合には、他の曜日でも放送する。
  • ただし、船舶に対する錨鎖全体の係留力を把駐力として扱う場合もある。
  • そうした事情を扱う場合、取り扱う側の立場は明らかだ、と思う。 養老孟司『ヒトの見方』より引用
  • これは、後続する番組を内包番組として扱う場合などがあるため。
  • 通常、軍人の職の総称として用いられるが、国家によっては官名として扱う場合もある。
  • 皆具として扱う場合、多くは杓立、建水、蓋置などとセットになっている。
  • 外国の文献ではこれらを防護巡洋艦として扱う場合もある。
  • 競技によって絞め技を締め技の中の一種として扱う場合と、別系統の技として扱う場合がある。
  • また、東京都を単体で扱う場合、近隣県の一部を東京州に編入させる考えもある。
  • 病気として扱う場合には過食嘔吐症と言う事もあるが、正式に認められた病名ではない。
  • 一般的には最初の形態のものを情報番組として、後の2形態のものをバラエティ番組として扱う場合が多い。
  • 理由はどうあれ、小さな構造を扱う場合、ナビゲーショナル技術はよく使われている。
  • 自治体によっては、子どもだけでなく、女性に対する事案についても扱う場合もある。
  • そのため、ツメバケイ目として独立目として扱う場合も多い。
  • 実行結果が実行環境に依存するため、金銭を扱う場合など僅かな間違いも許されないような場合には使用されることは少ない。
  • 次へ »