扱いに苦慮

12 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らは水没後の生活再建が成るかどうかを重視していたが、建設省はその扱いに苦慮する。
  • アルは、魚加工工場の共同経営者であるエリオットと従業員の扱いに苦慮していた。
  • 義勇兵組織に政治性を持たせたいヒトラーは、クリーベル率いる軍事組織の扱いに苦慮した。
  • 朝廷が将門の真意を推し量れず、扱いに苦慮していたころの話だ。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • 関東各地はもとより、東北からも食うに困った百姓達が仕事を求めて江戸へ押しかけて来て、町奉行所はその扱いに苦慮した。 平岩弓枝『御宿かわせみ 28 佐助の牡丹』より引用
  • 牛佺は黄州の知府に任じられた一方、牛金星は同じく清に登用されていた明朝の官僚出身者からの評判が非常に悪く、清の朝廷もその扱いに苦慮したという。
  • 周りの隊員もその扱いに苦慮する。
  • そのためどうしても水野時代よりも税金を高くしなくてはならなず、水野氏の治世を懐かしむ領民の扱いに苦慮する。
  • これには三原浅野家はもちろんのこと、主家であり、本藩の広島藩も大変扱いに苦慮した記録がある一方、このような幕府からの特別な配慮は他藩には大変羨ましがられ、「五千三万石」と呼ばれ財政的にも潤い、三原の城下は大発展したという。
  • しかし、その期間はジョイント・ナンバーワン体制が原因でプロストとセナの関係に軋轢を生み、デニスは両者の扱いに苦慮することになる。
  • グリプス戦役以後、大規模近代化改修フラムが施されたものの、引き受け先となったロンド・ベルも扱いに苦慮しており、艦隊編制の一翼をになっているとは言いがたい。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 01 ユニコーンの日(上)』より引用
  • 引き続き日本政府は溥儀の扱いに苦慮していたものの、この様な状況下で溥儀を自国の租界から追い出すわけにもいかないため、溥儀はその後も天津の日本租界の張園、後に移転した協昌里の静園に留まり、婉容と文繍、そして鄭孝胥をはじめとする紫禁城時代からの少数の側近らとともに静かに暮らしていた。