扱いに習熟

8 の用例 (0.00 秒)
  • 王女の言うとおり、鉛玉は扱いに習熟しなければ威力を発揮しない武器だ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • はじめの三日は、装置の扱いに習熟することで費やされた。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • 子供たちはよちよち歩きの頃から剣と槍を習い、十歳で火器の扱いに習熟しなければならない。 菊地秀行『吸血鬼ハンター15 D-魔戦抄』より引用
  • 試験では射手が未だ本砲の扱いに習熟していないため誤差があると前置きしつつ、射撃精度は地上射撃に比べて支棹を使用する場合で2割、使用しない場合4割ほどの低下が見られるとしている。
  • キハ58系は、乗務員や検修員にも扱いに習熟した者が多く、また1980年代までに多くの車両が冷房を搭載していた。
  • 荷役運送業者で、馬の扱いに習熟していた。
  • 特にカンガルーハンターとしての狙撃の才能に優れており、クレアモント近郊にあるプロサーパインという町の射撃同好会プロサーパイン・ライフル・クラブのメンバーとなってライフルと散弾銃の扱いに習熟したという。
  • 江戸時代の消火は延焼方向の家屋を解体して延焼を防止する破壊消防だったため、民間人のボランティアにより構成される町火消では、本来が建築労働者で家屋構造を熟知し、かつ掛矢や鳶口などの道具の扱いに習熟して素早い家屋解体が可能だった鳶の者が火消衆の主力を占めた。