打席に入る際

17 の例文 (0.00 秒)
  • 打席に入る際に、審判に向けて上体を45度程度傾けて挨拶を行う。 ...
  • 打席に入る際にかかる曲はニッケルバックのアニマルズである。 ...
  • 一時期、阪神タイガースの野口寿浩が打席に入る際のテーマとして使用したこともある。 ...
  • 本拠地で打席に入る際の曲にはジミ・ヘンドリックスの「Hey Joe」を使用。 ...
  • 日本ハム時代から打席に入る際の登場曲としてSMAPの「SHAKE」を使用。
  • この曲は、千葉ロッテ球団からの公認を経て、2013年に同球団主催試合で岡田が打席に入る際の登場曲に使われた。
  • その芸風は、清宮が打席に入る際のルーティーンワークを細部に渡りコピーしている。 ...
  • プロ野球・千葉ロッテマリーンズの福浦和也選手が、打席に入る際の登場曲に同曲を使用している。
  • また、本拠地球場での試合で打席に入る際に流れる登場曲には、クリスチャン・ロックのバンドであるKutlessやナイトdeライトなどの楽曲を使用。 ...
  • 西武時代、西武ライオンズ球場がドーム化され西武ドームとなるのに合わせ、各選手が打席に入る際やイニング間の投球練習の間に流すテーマ曲を決めることになった。 ...
  • ところがある時期から一部の西武ファンが、小関が打席に入る際、場内で流れる同曲のリズムに合わせて小関コールを入れるようになり、これが後にホームのみならずビジターゲームでも応援団がトランペットで演奏するようにまでなった。 ...
  • また、在籍中のホームゲームでは、打席に入る際の登場曲に「ゆけゆけ飛雄馬」を使用していた。 ...
  • 試合前にカウボーイスタイルで登場し、投げ縄のパフォーマンスを披露するなどしてファンの心をつかみ、打席に入る際には福岡ドームのホークスビジョンには、トラックスラーがカウボーイ姿で敵を懲らしめるアニメーションが流れた。 ...
  • 巨人に移籍後、打席に入る際のBGMは2008年まではジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの『I Love Rock n'Roll』を使用していたが、2009年はユン・ドヒョンの『ママの歌』になっている。 ...
  • 打席に入る際の登場曲は、主に友人でもある布袋寅泰の「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」を使用していたが、他にはレッド・ツェッペリンの「移民の歌」、ビートルズ、井上陽水、奥田民生、AC/DCの楽曲も使用していた。 ...
  • メジャーリーガーであるイチロー選手が、2008年シーズンの打席に入る際の登場曲として、石川さゆりの「天城越え」とともに、MISIAの「以心伝心」と「Royal Chocolate Flush」を選んだ。