打ち込む

全て 動詞
1,025 の用例 (0.01 秒)
  • 彼は鉄が肉を貫いてゆくのを感じ、それが深く打ち込まれる音を聞いた。 ムアコック『この人を見よ』より引用
  • とひと突き正拳を打ち込んで、後方へ跳んで角の攻撃を避けたのである。 夢枕獏『東天の獅子 第四巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • 彼が仕事に打ち込んでいる間に友人たちは年を取り、死んでいったからだ。 ソロー/神原栄一訳『森の生活』より引用
  • 彼女の手にはまだ、男の首筋に針を打ち込んだときの感触が残っていた。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • これをまず第一に念頭に、しっかりと打ち込んでおかなければいけない。 北大路魯山人『日本料理の要点』より引用
  • 不純な動機で始めた委員会ではあったが、祐馬は真剣に仕事に打ち込む。
  • 龍のような咆哮と共に赤坂の右拳が男の頭部右脇の壁に打ち込まれる!! 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • それはつまり、金具を打ち込むポイントが限られることを意味している。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 内容としては、打ち込み系の曲が大きく増えている点が大きな特徴である。
  • そのくせゲームに打ち込む孫の背中を、ときどき心配そうにのぞいている。 中井拓志『アリス Alice in the right hemisphere』より引用
  • 渾身の力で打ち込んでくるものの、少年の意識は彼を捉えてなどいない。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 正面の後方にいた一人が走りかかり、三冬の真向まっこうから刀を打ち込んできた。 池波正太郎『剣客商売 08 狂乱』より引用
  • 仏道一筋に打ち込んでいる雲水の姿にぼくは驚くほどの美しさを感じた。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • 打ち込んだ後では検査ができないため使った釘の箱を見て確認するしかない。
  • そういう打ち込み方を、つまり、生き方を今日まで私はしてきた人間だ。 五味康祐『西方の音』より引用
  • そういう打ち込み方を、つまり、生き方を今日まで私はして来た人間だ。 五味康祐『五味康祐オーディオ遍歴』より引用
  • 巌は頭の脳天から氷の棒を打ち込まれたような気がして思わず叫んだ。 佐藤紅緑『ああ玉杯に花うけて』より引用
  • いつかはおれの跡をついで海に打ち込んでくれる男だと見ている。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • 会社の仕事に全霊を打ち込むことも、それはそれで私には世捨てであった。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • カークはからだを回すようにして、激しい一撃を相手の顎に打ち込んだ。 ジェイムズ・ブリッシュ『10 最後〔オメガ〕の栄光』より引用
  • 次へ »