打ち明ける

全て 動詞
1,362 の用例 (0.01 秒)
  • それに私を信用して何もかも打ち明けて、いま私の前で眠っているのだ。 平林初之輔『動物園の一夜』より引用
  • だがなぜかこのとき、州波のことを打ち明けてはいけないと強く感じた。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • 父は貴方へ向って何か秘密なそして重要な事を打ち明けたかったんです。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • こうして秘密を打ち明けたのだから、彼女がどうしているか教えてくれ。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • そこまで信頼していたのなら、きっと最後はすべてを打ち明けたはずよ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 恋された人の知らぬ前に恋した人の心を自分はその人から打ち明けられた。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • しかし彼は自家の信用を維持するために誰にもそれを打ち明けなかった。 夏目漱石『道草』より引用
  • 自ら好んでそんなことを打ち明けられるのには何か理由があるでしょう。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 本来は決して耳に入れないようなことも、そっと打ち明けることがある。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 彼は三千代を呼ぶ前、既に代助に向ってそのむねを打ち明けた事があった。 夏目漱石『それから』より引用
  • 彼の瞳をみていると、不思議と、打ち明けたい気分になってしまってね。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 話そうと思って来たことを、二人の前に打ち明けることも出来なかった。 徳田秋声『足迹』より引用
  • とはいえ妻はこの人物のことをわたしにはなかなか打ち明けなかった。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 僧職にある身が誰にこんなことを打ち明けていいか、誰を信じていいか。 ゴーチェ・テオフィル『世界怪談名作集』より引用
  • なぜだかはっきりとはわからないが、打ち明けるのは今だと悟ったのだ。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • 打ち明けて申しますと、わたしはもうそんなものを、信じてはいません。 ヘッセ/永野藤夫訳『知と愛』より引用
  • 本当にそのような証人がいるのなら、なぜ最初に打ち明けなかったのか。 津村秀介『瀬戸内を渡る死者』より引用
  • それにスピアチャッカーはどんなことも正直にきみに打ち明けてるんだ。 リチャード・フッカー『マッシュ 続』より引用
  • 電車のなかで彼女に父のことや自分の気持ちを打ち明けたという記憶きおくはない。 柳美里『水辺のゆりかご』より引用
  • 不意に現れたこの問題を誰にも打ち明けることができなかったのだ。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス13 グレー・コンチェルト』より引用
  • 次へ »