手紙を口述

19 の用例 (0.00 秒)
  • もしなんでしたら、わたしがその手紙を口述しましょう。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • すでに書いてある事実にいまの猫の話を加えて、添えてだす手紙を口述し、すぐにでも郵便で送るのだ。 フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』より引用
  • 王は力をこめて、ぎくしゃくと大声で、以上の手紙を口述した。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(下)』より引用
  • 私は大分用心して、本を読んでもらうことも手紙を口述することも止めて、一週間程過し熟睡するようになりました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 死刑囚へせっせと小包を送らせたり手紙を口述したりした。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • それからザクセンの首都に一時滞在していたワイマールの宰相サンテニャンに会い、ライン同盟の諸君主とドイツにいる主な軍司令官全員に向けた手紙を口述した。 アレクサンドル・デュマ/乾野実歩訳『リシャール大尉』より引用
  • 父はわたしのことを、田舎新聞にいるような編集者か探訪記者だと思って、わたし宛てに三度、父らしい手紙を口述筆記させて、父が重要なものと見て、わたしの材料になり、金にもなるだろうと思いこんだ出来事を、わたしに報告してくれた。 ヘッセ/佐藤晃一訳『郷愁』より引用
  • それから皇帝は、たぶんこの試験に満足したのだろう、事務机のそばにもどって、警視総監に腰かけるように合図をし、低声こごえで、数行しかない手紙を口述した。 ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(上)』より引用
  • そこでは、料理主任が、備忘録びぼうろくを片手に、年若いタイピスト嬢に向かって手紙を口述し、タイプさせていた。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • 手紙を口述し、音楽を聴くほど回復することもあったが、次第に彼は視力、言語能力そして意識を失い、7月10日に死去した。
  • だから、いまではクリフォードも、ときには彼女にたのんで手紙を口述することもあった。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 彼は手紙を口述する。 ラッセル/日高一輝訳『幸福の獲得について』より引用
  • 奥さんは一日じゅうそこに腰かけて、濃いコーヒーを飲み、手紙を口述筆記させ、日時を決めてボリオブーラ・ガー関係の面会をしているのでした。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(2)』より引用
  • 代読作業についてアウレリウスは自身の秘書官に「毎日30通の手紙を口述しているおかげで息が切れそうだ」と皮肉を口にしている歴史家たちは「アウレリウスは政務に才覚があった」と述べている。
  • かくしてラシュヌールはシュパンの後家に、その後の惨劇をもたらすことになる手紙を口述して書かせたのである。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • その後で、ドナルドさまは手紙を口述なすったわ。 ハメット/能島武文訳『血の収穫』より引用
  • 長椅子の上であえぎながら、彼女は報告を読み、手紙を口述し、心悸亢進の合間には熱病的な冗談をとばした。 宮本百合子『フロレンス・ナイチンゲールの生涯』より引用
  • 三人の美しい侍女じじょに手つだわせて甲冑かっちゅうを着こみながら、ラジェンドラは書記官を呼び、アルスラーンヘの手紙を口述こうじゅつしたのだった。 田中芳樹『アルスラーン戦記09』より引用
  • マルトは意識を取り戻し、聖体拝領をし、巡礼者に会ったり手紙を口述したりという火曜〜木曜のルーティーンワークにとりかかる。 竹下節子『パリのマリア』より引用