手水鉢

全て 名詞
294 の例文 (0.00 秒)
  • 水垢離をとるのを手水鉢ですませるのと同じ心理がはたらいているのである。 ...
  • こんな場所でも、さすがに大奥で、その手水鉢の石は彼女の家のものなどよりはるかに巨大であった。 ...
  • 作男の源七はその手水鉢に足をかけると、雨戸の上の欄間から中を覗きこんだ。 ...
  • 手水鉢の場所から奥へ入ると納経所があり、その手前に弁慶の力石が置かれている。 ...
  • 茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもの。 ...
  • 客は潜り戸をまたいで土間に入り、そこで〈つくばい〉と呼ばれる手水鉢ちょうずばちを使う。 ...
  • ただ1679年製の石造手水鉢があることから、江戸時代初期には既に存在していたものと推測される。 ...
  • 手水鉢を離れた時、私は彼の口から流れる垂涎よだれを見た。 ...
  • それからはばかりから出ると、彼女はちゃんと廊下に待っていて手水鉢の水をひしゃくでかけて呉れた。 ...
  • あの又平またへいが、一生懸命になって手水鉢ちょうずばちかみしもをつけた自画像を描きます。 ...
  • 中庭には太い冬青もちが一本、手水鉢ちようずばちにのぞんでいるだけだった。 ...
  • 社殿の手前には花の形をした手水鉢がある。 ...
  • 恐らく待合の手水鉢に柄杓の無いのは、かわやに戸の無いより始末が悪い。 ...
  • 手水鉢上部には盃状穴と呼ばれる民間信仰による人工的な窪みが多数みられる。 ...
  • 中庭には太い冬青もちの樹が一本、手水鉢ちょうずばちに臨んでいるだけだった。 ...
  • そして手水鉢にはいつでも清水がいっぱいに溢れていた。 ...
  • 金龍寺の手水鉢もまた弁天社の旧蔵品で、石狩市内最古の石造品である。 ...
  • 次へ