手水鉢

全て 名詞
294 の例文 (0.00 秒)
  • これは眺めて楽しむ他に、そうやって手水鉢ちようずばちとしても使われたらしい。
  • 今は誰でも手水鉢まで行って水を持ってくるようにしています。 ...
  • そのため手水鉢は背の高いもの、あるいは背の低いものは台石に乗せたものを選ぶ。 ...
  • また、芝山型の手水鉢や芝山緞子などに茶道具にもその名を残している。 ...
  • 二メートルばかりの綱のもう一方の端は、そこの手水鉢の石に結びつけられていた。 ...
  • 男は手水鉢ちようずばちの水の中へ首を突っ込んで、そのまま動かなくなった。 ...
  • するとね、ホラ、あの縁側の手水鉢の向うに八つ手の木があるでしょう。 ...
  • 西は一帯が選果場になっており、手水鉢があったと報告している。
  • また手水鉢に代わるつくばいもこの時期に完成したものと考えられる。 ...
  • 私は釣瓶つるべを上げて口をすすぎ、水を手水鉢ちょうずばちに移して手と顔を洗った。 ...
  • その時は、いつでも、手水鉢てみずばちの傍にある、擬宝珠ぎぼしゅの葉に眼を移した。 ...
  • 用をしてから出て来て見ると、手水鉢ちょうずばちに水が無い。 ...
  • お鹿の内には、まだ開業当時というので手水鉢も柄杓ひしゃくも無かった。 ...
  • 杉の葉を敷いた、手水鉢のあたりには、小さな動物の姿は無かった。 ...
  • 本殿に向かい合う位置に舟の形をした手水鉢が置かれている。 ...
  • 霧は厠にまで入り込み、外の手水鉢ちょうずばちは何処にあるかさえ見えない。 ...
  • 障子の中で例の御師匠さんと下女が話しをしているのを手水鉢ちょうずばちの葉蘭の影に隠れて聞いているとこうであった。 ...
  • 次へ