手当たり次第に

232 の用例 (0.00 秒)
  • 街の人々ばかりか、人間という人間を手当たり次第に殺害しかねない。 冴木忍『カイルロッドの苦難 2 出会いは嵐の予感』より引用
  • オランダ国内にいるドイツ人が手当たり次第にオランダ当局に逮捕された。
  • 何か失敗するとそれを一人で抱え込み、手当たり次第に物に当り散らす。
  • 古典から最近のヒット作品まで、手当たり次第に集められたらしい。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • 願っていたように、許される時間の限り手当たり次第に本も読んだ。 石原慎太郎『遭難者』より引用
  • 手当たり次第に動物を捕まえてきては、いろいろな動物を飼っていた。 小菅正夫『〈旭山動物園〉革命――夢を実現した復活プロジェクト』より引用
  • そうかといって手当たり次第に何でもぶら下げればいいというものでもあるまい。 種村季弘『迷信博覧会』より引用
  • 手当たり次第にグリユウが光を放っているのだが、なにしろ雪である。 冴木忍『カイルロッドの苦難 5 野望は暗闇の奥で』より引用
  • 真室の衆民たちは口々に悪罵を投げつけ、手当たり次第に物を投げ始めた。 佐藤大輔『皇国の守護者2 名誉なき勝利』より引用
  • 私は手当たり次第にものを食べるようになっていった。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • 照準に浮かぶ鳥の姿を目標にして、手当たり次第にレーザーを乱射する。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ06 人面魔獣の挑戦』より引用
  • 謹慎でたまっていた鬱憤をはらすかのように、手当たり次第に非難する。 冴木忍『カイルロッドの苦難 7 微笑みはかろやかに』より引用
  • 彼は手当たり次第にカラスアゲハを捕獲し、ガラスの蓋の付いた箱に収めた。 大石圭『飼育する男』より引用
  • しばしば手当たり次第にユダヤ人を殺すのでドイツ人隊員たちが止めねばならないほどだった。
  • 手当たり次第にキーを押したが〝ブレイン〟は動くそぶりすら見せなかった。 五十嵐貴久『TVJ』より引用
  • 王が「もっともっと」とせがんで手当たり次第に独楽を放り投げていく。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 彼は手当たり次第に木や枝を武器にしてテーイカをなぐりつけた。 フレーザー/青江舜二郎訳『火の起原の神話』より引用
  • 狂ったように叫びながら、小泉が手当たり次第に寝室の戸棚を開く音がした。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • ほとんど手当たり次第に各種の自動車が輸入され、その多くがタクシー用途に使われた。
  • 私は手当たり次第に向こうがわの男たちを殴り返した。 島尾敏雄『魚雷艇学生』より引用
  • 次へ »